フォトストリームがどうしても同期しなくなってしまった僕がとった、最終手段。


2014-0108-220450

Tipstourの記事を書く際に重用していたiCloudのフォトストリームの機能。 iPhoneにて撮影した写真やスクリーンショットを、MacやWindowsPCへと自動的に同期してくれるというものです。 iPhoneの写真のバックアップにも使えるので、想像以上に便利なやつです。

その便利屋が、いつのころからか自分のWindowsPCにてまったく同期をしてくれなくなるという現象が発生してしまいました。 写真のバックアップとしてはもちろん、記事を書く際の作業効率がガクンと下がってしまうのが困りもの。 なんとか直そうといろいろ試してみたのですが、ダメでした。

どうしてもダメ、そんなときの最終手段として…使ったのがDropboxの『カメラアップロード』でした。

スポンサードリンク

 

どうしても同期してくれない

「フォトストリーム 同期しない」といったキーワードでいろいろ調べて出てきた対応策をあらかた試してみたものの、どうしても同期が実行されてくれませんでした…。 かなしい。

・PC側のiCloudのオン/オフ
・iPhone側のiCloudのオン/オフ
・Wi-Fiのオン/オフ
・充電MAXでのトライ (20%以下だとフォトストリームに送信されない)
・フォトストリームの写真の削除
・iCloud コントロールパネルの再インストール
・同期先フォルダパスの変更
・セキュリティソフトの無効化

ここまでやってもダメだったという人は、いろいろ調べた限りでもいませんでした。 ぶっちゃけかなりのレアケースだと思われますが…でも、実はこういった現象に悩まされてる人、こっそりでも存在するんじゃないかなと勝手に思ってたりします。

スポンサードリンク

 

対案 Dropboxのカメラアップロードを使う

ここでとった最終手段がオンラインストレージの代名詞、Dropboxの『カメラアップロード機能』を使う手です。

この機能、iPhoneに保存された写真を自動的にDropboxにアップロードしてくれるというそのまんまの機能ですが、カメラで撮影した写真に限らずカメラロールに保存された画像・動画をすべてアップロードしてくれるので、フォトストリームの代用として、十分に効果を発揮してくれます。

カメラアップロードを有効にする手順については、過去にまとめた下記の記事を参照いただければと思います。
無料ユーザ必見、Dropboxアプリを使って容量を簡単に3GBも増やすワザ | Tipstour

これならiPhoneからの写真を必ずDropboxに同期してくれる

現在は、Dropboxアプリを開くと、保存した画像・動画があるたびに自動的にアップロードしてくれるようになってます。

2013-11-23 17.03.43_small

フォトストリームの写真をとったそのままアップロード、と比べるとアプリを開くというワンステップが増えてしまうんですが、フォトストリームが使えないことと比べればまあ許容出来るレベルのワンステップかな。

その他、試してみたけどダメだったサービス。

Dropboxのカメラアップロードを利用する前に、いろいろ試してみたその他サービスについてもちょっと触れておきます。

IFTTT『iOS Photos』の機能を使って、「iOSにて写真が撮影されたらDropboxにアップロード」という処理を設定し、これで写真が撮影されたらDropboxにアップロードされてPC側でその写真を利用する…という目論見を考えていました。

IFTTTについては、過去の記事でご紹介してますのでどうぞ。
Webサービス同士の連携を自動化してくれるサービス『IFTTT』が捗りすぎてワクワクが止まらない | Tipstour

IFTTT自体は便利で良いのですが、IFTTTの機能側の問題なのか、どうにも全ての写真がアップロードされず、タイミングもバラバラ、アップロードされることがあればされないこともある…という不安定っぷり。 写真を撮ったタイミングですぐサクサクと作業をしたいときに同期されないとストレスになってしまうので、この手段はあきらめました。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly