iPhoneがリンゴ画面になって起動しなくなってしまった結果なんとか復元せずに復旧した際のお話


iphone_boot000b

そう、つい昨日のことです、朝、会社に出社しようと思ったらiPhoneの動作がどうにも重たかったので再起動をかけたときの出来事でした。

iPhoneの動作の調子が悪いことは最近多々あって、そのたびに再起動をかけていたので特段普段と変わらない動作だったのですが…。

あ、あれ? リンゴマークのまま起動しない…。

普段ならリンゴマークになって1,2分もすれば自動的に起動するのですがこの日ばかりは何分待っても起動せず、再起動をまたかけてみてもリンゴマークになってしまい起動せず…という、いわゆるリンゴループなどと呼ばれる状態に陥ってしまいました。

調べてみると、結構そういった現象が起きている人は多いらしく色々試してみたら、なんとか復旧することができました。 その経緯についてご参考程度に載せておきます。

スポンサードリンク

 

参考

iPhoneが起動しなくなった際の対応方法について、もうひとつ記事にまとめています。 この記事と一緒にこちらも確認くださいませ。


iOSをアップデートしようとしたらiPhoneが起動できなくなった際のお話と対応 | Tipstour

前提

一応今回の状況、iPhoneのスペックについて確認しておきます。

僕の環境はiPhone 4S (64GB)です。 キャリアはSoftBank、iOSバージョンは5.1.1.

脱獄なしです。

購入時期は4S発売直後の2011年10月頃、つまりそろそろ2年目になり5Sもぼちぼち発表されるであろう頃なので今から5に乗り換え…というのは極力避けたいなというところでなんとしてでも4Sの起動エラーは自力で直す、とそう心に決めたのでした。

リンゴループ画面

さて実際の対応について。

リンゴループ状態にも色々と現象の種類があるようで、この状態になったらこれをやれ、という王道で簡単な解決方法はどうやらないようです。 なので、手探りで色々試してみるしかないようですね。

下記がリンゴ画面。
iphone_boot001

とりあえずはリンゴマークの状態で、ホームボタン+電源ボタン長押しで再起動を実行してみます。

僕の場合は、一応反応があって電源OFFの状態になります。 なりますが、その後もう一度ホームボタン+電源ボタンで電源をONにしても結局はリンゴマークに戻ってしまう状況でした。

ちなみに電源OFFの状態でPCに接続すると、リンゴマーク状態にはなるもののそこから先へは進まず。 一応認識はしている、のかな?

リカバリモードで起動をトライ

そこで下記を参考に、リカバリモードで起動してみることに。

iOS:アップデートまたは復元ができない

電源をOFFにした状態で、ホームボタンを押しっぱなしにしてiPhoneをPCのUSBポートに接続。

接続すると一応リンゴマークが出てくるが、そのままホームボタンを押しっぱなしにしてちょっと待つ。

すると、iTunesへの接続画面に切り替わった! これで復元すればいけるかな!?
iphone_boot002

復元をトライ

iTunes側の画面でもiPhoneを認識してくれました。
2013-0607-203157

とりあえずバックアップはとっていた(筈)なので、動かない状態のままでも仕方ないので復元をトライしてみることに。

「OK」を選択、「復元」へ。
2013-0607-203218

なんかデータが消えるぞとかiOSが最新版になるぞ脅かしてきますが、バックアップがしっかりとれてさえいれば元の状態に戻せる(筈)なので「復元と更新」を選択。
2013-0607-203350

どうかなー?
2013-0607-203443

2013-0607-203448

2013-0607-204509

ダメでした。 どういうことなの…。
2013-0607-203510

スポンサードリンク

 

復元時のエラー3194について

この3194のエラーについて調べてみると、気になるものがいくつか出てきました。

[iOS] iTunesで起こる「不明なエラー 3194」の対処法 & いくつかの復元方法 | Tools 4 Hack

上記のサイトを参照すると、
どうやらWindowsのhostsファイルの影響によるものだとか。

hostsファイルというのはIPアドレスとサーバのホスト名を関連付けるWindows系のシステム管理者にとっては結構なじみのあるファイルなんですが…。 はて、自宅PCでhostsなんかいじってたかなあ…

一応、hostsファイルはWindows7だと標準だと下記のフォルダにあります。 メモ帳などの適当なテキストエディタで開きましょう。

C:\Windows\System32\drivers\etc

 

ここに「gs.apple.com」という記述があったら削除してやればエラーは解消される…というお話なようなのですが。

はい、まっさらな状態です。
2013-0607-203925

初期状態ですね… gs.apple.comは影も形もなく。

※色々調べてみると、どうやらiPhoneを脱獄しているような場合に起きる現象ということらしいです。 脱獄してないぼくからすれば、無実の罪で弾かれているようなもんですよ…。

再トライ

エラー後、一応はじめから手順を一通り試してみます。 再トライ。

ダメでした。

逆にあえてhostsに記述を追加してみてどうかなと試してみたらどうかな?

やっぱダメでした。

下記にも似たような現象の質問があったのですが、根本的な解決には至ってなさそう。

iPhoneが復元出来ない(不明エラー3194) – その他(ライフ) – 教えて!goo

iTunesのバージョンの問題

よくみると、この質問の人のiTunesは10.5です。 そういえばぼくもiTunes10.5のまま、アップグレードしてないんでした。 (iTunesのバージョンアップって、色々あって面倒くさいんですもの)

もしや…と思って、iPhoneを接続したままiTunes 10.5を11にアップグレードしてみました。
2013-0607-204552

2013-0607-204616

すると、アップグレード中に接続しっぱなしだったiPhoneが反応して読み込み中らしい画面に…?

まさか…!?
636c4188

 

おおおお!? 起動したー!?

上記の画面のまま、ちょっと待つとようやくホームのパスコード入力画面が。
IMG_5298

アルフォンス・ミュシャ、春の女神!!

初めは動作が重かったものの、徐々に普段どおりの動きに。 そのまま様子を見ていたのですがとりあえず起動はしたので、USBケーブルを抜いてみることにしました。

まとめ

とりあえずはiPhone 4S、立ち上がりました…! 結局復元を実施しないでも、元の状態に戻すことが出来ました。

一応は問題なく動いているようなので様子見としたいと思いますが、もしかするとiTunesのバージョンが古いままだとiPhone側の動作に影響する、ということも考えられますね。

アップルタイマーかよ! とツッコミたくなりますが、上手くiPhoneの復元が出来ない場合は、iTunesが最新かどうか、それを確認してみるのも対応のひとつである、ということでひとつ〆させていただきたいなと思います。

余談

ところで、○○が起動しなくなった、壊れた系の記事はやはり需要があるのかWindows7のブートセクタの修復やiPhoneの電源ボタンの修理の記事は結構安定してアクセスをいただいている感じです、ありがたいことです。

こうしたトラブルは現象によって一概に解決策があるものではないので、ちょっとした解決方法でもこうして経緯を書いておくとトラブルが起きて調べてるときにヒットしてくれて、役に立つこと、あるんですよね。

ということで、この記事も何らかのお役に立てば光栄です。

iPhone 4Sの電源ボタンが故障したので修理を依頼してみた | Tipstour

Windows7が起動しなくなったので、ブートセクタを修復してみました | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly