Zoomのホストをやってくれって言われたんだけど、ホストって何!?

そもそもホストって何? 自分は何をすればいいの!?

…という疑問に、この記事ではわかりやすくお答えします。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

この記事では、Zoomの基本用語である「ホスト」について、一番わかりやすく簡潔にまとめています。

もし自分がホストになった場合に何をしたらよいのか、についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう!

【概要】ホストとは? ざっくりまとめ

Zoomにおける「ホスト」をざっくりまとめると、以下の通りです。

  • ホストとはWebの主催者のこと
  • Web会議の参加者のことをゲストと呼ぶ
  • ホストにはWeb会議の開催とゲストの招待をする役割がある

 

ホストとはずばり「Web会議の主催者・開催者」のことです。

基本的にzoomのWeb会議(ミーティング)は、主催者となるホストが必ず1名いることになります。

ホストに対する「ゲスト」とは

Web会議の主催者であるホストに対して、Web会議の参加者のことを「ゲスト」と呼びます。

基本的にZoomでは、ホストが会議を主催し、ゲストがこの会議に参加する、という形が取られています。

ホストが1名なのに対して、ゲストは1名〜複数名いることになります。

  • ホスト:Web会議の主催者 基本は1名のみ
  • ゲスト:Web会議の参加者 1名〜複数名いる

 

ホストとゲストの関係を図解すると…このような感じです。

 

  実際の会議でも、会議をセッティングする担当者がいると思いますが、ホストとはまさにそのセッティングの担当者のことです。

会議室を予約したり、会議のスケジュールを担当者に連絡(招待)する、実際に会議をはじめるなど…。

Web会議を進める進行役と考えてもいいですね。

ホストになると何をしないといけないのか

さて、もし自分がホスト役になってしまった場合、やらないといけないのは以下の2つです。

  • Web会議の開催(立ち上げ)
  • ゲストをWeb会議に招待(メールなどでURLを送る)

 

大変そうに見えますが、やり方さえ覚えてしまえば簡単です。

Web会議の立ち上げ方、ゲストの招待方法については、こちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください!

まとめ

最後に、冒頭のざっくりまとめを再掲しておきますね。

  • ホストとはWebの主催者のこと
  • Web会議の参加者のことをゲストと呼ぶ
  • ホストにはWeb会議の開催とゲストの招待をする役割がある

一般的にはお仕事上では聞き慣れない単語なので、いきなり「Zoomでホストやってね」とか言われたら、正直混乱するかもしれません(笑)

しかしその実態は、「Web会議したいので場所を用意して、参加者に声をかけてね」というのと同じですね。

 

このように、当ブログ・TipstourではZoomの操作方法を解説しています。

Zoomについての操作方法は、こちらのリンクからどうぞ!

Zoomの使い方・記事一覧はこちら

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【オススメ】Zoom Web会議に最適なWiFiサービス

Zoomを使うなら、通信量・無制限のWiFiルータを使いましょう。

Zoomでは、ビデオ通話1時間あたり、700MB近くものデータ通信量を使います。

光通信などを自宅やオフィスに引き込むという選択肢もありますが、設置と工事にかかる手間を考えると、その手間を省けるWiFiルータの方がオススメです。

特に現在、テレワーク需要が急激に増えた関係で、工事完了までかなり時間がかかるため、WiFiルータを受け取って即利用可能となるWiFiレンタルサービスがベストです。

 

TipstourのオススメWiFiサービスは以下の通りです。

オススメWiFi料金特徴


ZEUS WiFi
月額
2980円〜
・常時10MB以上の速度が安定して出る
・Docomo、au、SoftBankの
 3社の通信網が使える
 (混雑状況に応じて自動切り替え)
・月額契約だとコスパ良し
→ストレスなく利用したい場合にオススメ


Wifiレンタル
どっとこむ
1日
193円〜


月額
6000円〜
・1日単位でレンタルが可能
・即日配送可能
→短期間で即使いたい場合にオススメ