ストックフォトセミナー開催!

最近、動画タイトルの上に「#」のついたハッシュタグがついている動画にお気づきでしょうか?

 

これらのハッシュタグをクリックすると、このように「このハッシュタグの人気の動画」と「このハッシュタグの最新動画」が表示されるようになっています。

 

この機能を使うことで、自分がアップロードした新しい動画をより多くの人に見てもらえる、という効果があります。

従来のYouTubeの検索画面ですと、新しい動画をアップロードしても、上位に表示されるのは「そのキーワードでの人気動画のみ」です。

特定キーワードの新着動画が上位表示されることほとんどありませんから、新しく立ち上げたチャンネルにとっては不利でした。

しかしこのハッシュタグ機能によって、新しいチャンネルの新しい動画も視聴者の目にとまる可能性が高まったことになりますので、可能なら積極的に使いたいところです。

 

ということでこんにちは!

先日、YouTubeの旅チャンネルの収益化に成功したばかりの20代怠け者(@20sInvest)です!

今回は、動画にハッシュタグを設定する方法をまとめました。

早速、みていきましょう!

【方法①】動画タイトル上にハッシュタグを付ける方法

ハッシュタグは、動画の説明文に追記することで設定出来ます。

 

まずは、動画の設定画面を開きましょう。 動画タイトルと、説明文の設定画面へ。

 

ここで以下の通り、説明文のどこでも良いので追加したハッシュタグを記入します。

 

この動画はマレーシアのクアラルンプールで撮影した海外向けの動画なので、英語で以下の3つのハッシュタグを設定することにしました。

#Malaysia #KualaLumpur #BukitBintang

説明文にハッシュタグを入れると、こうなる

さて、こちらがハッシュタグの追加前の状態。

 

そして、こちらがハッシュタグの追加後です。

3つのハッシュタグが動画タイトル上にしっかりと追加されてますね!

もちろん、これらのハッシュタグをクリックすると、そのハッシュタグが設定されている動画が一覧表示されますよ。

【方法②】動画タイトルそのものにハッシュタグを付ける方法

動画タイトルそのものにも、ハッシュタグを入力しておくことで設定することも出来ます。

このように、動画の末尾などに「#」ではじまるハッシュタグを追加すると…

 

動画タイトル内にそのまま、ハッシュタグが追加されていることがわかります。

機能としてはほぼ同じで、クリックしたらハッシュタグ検索画面へと移動出来ます。

 

動画タイトルにハッシュタグを追加した場合、動画タイトル上に表示されていた動画タイトルは非表示になります。

そのため、どちらか1つの方法だけを使うのがいいでしょう。

ぼく個人としては、【方法①】の動画の上にハッシュタグを表示するという形式のほうが便利かと思います。 その理由としては以下の通り…。

【方法①】の方が便利な理由
  • 表示される場所が決まっているので視認しやすい
  • 後から動画タイトルを変更するとYouTubeのSEO上影響がある可能性があるので
    (説明文の変更なら、動画タイトルそのものは変更されない)

【注意点①】ハッシュタグはスペースを使わないこと

ハッシュタグを付ける上で注意しておきたい点として「ハッシュタグは間にスペースを入れると機能しないので、2語以上のキーワードの場合でも間にスペースを入れずに記入する必要がある」ことを覚えておきましょう。

 

例えば、マレーシアの首都、クアラルンプール(Kuala Lumpur)についての動画のハッシュタグの場合は「#KualaLumpur」と記入するのが正解です。

間にスペースを入れて「#Kuala Lumpur」と入れてしまうと、ハッシュタグとして認識されるのは「#Kuala」の部分のみとなってしまいます。

この場合、「Lumpur」の部分はただの文字列として扱われてしまうわけですね。

【注意点②】ハッシュタグは最大15個まで設定できる

動画タイトル上に表示されるハッシュタグは最大3つまでです。

しかし、動画そのものには15個まで、ハッシュタグを登録することが可能です。

 

注意が必要なのは、登録されているハッシュタグが15個を超えるとすべて無効化されてしまうという点です。

Googleのサポートページでは、ハッシュタグの使用に関するポリシーのページにて、このように記載されています。

大量のタグ:
1 本の動画に対して大量のタグを登録しないでください。

タグの数が多くなると、検索しているユーザーにとって関連性が低い動画が表示されるようになってしまいます。

1 本の動画に 15 個を超えるハッシュタグを追加すると、その動画のすべてのハッシュタグが無視されます。

タグの数が多すぎる場合、アップロード動画や検索結果から動画が削除されることがあります。

 

これはつまるところ、動画に無関係のハッシュタグを大量に付けることで視聴回数などを伸ばそうとする「ハッシュタグスパム対策」です。

この方針にはぼくも大賛成です。 ハッシュタグスパムは、ユーザの利便性を間違いなく損なう行為ですから。

ハッシュタグの大量設定で、動画削除などのペナルティも示唆されているので、絶対に避けましょう。

個人的には、5〜10個までのハッシュタグ数で登録しておくのが良いのでは? という感触です。

 

以上、YouTubeハッシュタグの設定方法と、注意点まとめでした!

ご参考までに、それでは!