PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

この記事ではタスクマネージャーを開く2つの方法について解説しています。

  こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000. 469)での動作となります。

【手順①】スタートボタンでタスクマネージャーを開く方法

  • スタートボタンを右クリックしてタスクマネージャーを開く方法
  • スタートボタンからタスクマネージャーを開く方法

箇条書き1:デスクトップ画面のタスクバーに配置された「スタートボタン」を右クリックして「スタートメニュー」を表示させて「タスクマネージャー」項目をクリックします。

スタートメニュー

箇条書き2:「スタートボタン」をクリックして「スタート画面」を開き、「すべてのアプリ」ボタンをクリックします。

スタート画面

「すべてのアプリ」画面が開きますので、「Windows ツール」アイコンがある位置までスクロールします。

すべてのアプリ画面

「Windows ツール」アイコンをクリックすると「Windows ツール」画面が開きますので、表示方法を中アイコンなどにして、「タスクマネージャー」アイコンをダブルクリックします。

windows ツール画面

「タスクマネージャー」が立ち上がったら操作は完了になります。

タスクマネージャー画面

【手順②】ショートカットキー操作でタスクマネージャーを開く方法

「タスクマネージャー」を素早く開くにはショートカットキー操作が便利です。

ショートカットキー操作

ショートカットキー「Ctrl + Shift + Esc」「タスクマネージャー」は開きます。

その他に「Ctrl + Alt + Delete」のショートカットキーを使い、セキュリティオプション画面を立ち上げて、「タスクマネージャー」の項目を選択しても開くことが可能です。

まとめ

以上、Windows11でタスクマネージャーを開く3つの方法でした。

当ブログでは、Windows11関係の操作方法などを詳しくまとめています。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事