PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

Windows11で、写真をOneDriveに自動保存したい!

……という方向けにこの記事を書きました。

スマートフォンで写真を録ったら、クラウドで自動保存したいですよね。

この記事では、Windows11で写真をOneDriveに自動保存する方法について解説しています。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.778)での動作となります。

【手順】写真をOneDriveに自動保存する方法

まずは、タスクバーにあるOneDriveのアイコンをクリックしましょう。

windows_taskbar_onedrive

アイコンがなければ∧マークをクリックすると、下記画像のように隠れている場合があります。

画像はお使いのPCによって多少変わります。

windows_taskbar_onedrive_secret

それでもなければ、Windowsキーから検索ウィンドウで「OneDrive」と入力してください。

windows-search-window

OneDriveが表示されるので起動しましょう。

アイコンをクリックしたら、右上の歯車マーク(ヘルプと設定)→「設定」の順にクリックします。

onedrive_setting

ポップアップが表示されるので、「バックアップ」タブをクリックします。

画面が切り替わったら、「写真と動画」欄にある「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」のチェックボックスをオンにしてください。

onedrive_photo_setting

ためしに、OneDriveアプリをインストールしたiPhoneで写真を録ってみます。

ファイル名をphoto_sample.jpgに変えました。

photo_sample

OneDriveを見てみます。

onedrive_photo_complete

OneDriveに写真を自動保存できました!

自動保存を解除する場合は、「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」のチェックボックスをオフにしてください。

まとめ

以上、Windows11でOneDriveに写真を自動保存する方法について解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事