パーティションクローン・MBR/GPT変換ならPartition Master Free

Windows11で、アニメーションを無効化したい!

…という方向けにこの記事を書きました。

PCが重いと、何をやるにしてもストレスになりますよね。

PCの動作を軽くする方法の1つとして、Windows自体のアニメーション動作を無効化するという手があります。

これにより、わずかながらも、確実にPCの動作は軽くなるはずです。

 

この記事では、アニメーションを無効化しPCの動作を軽くする方法について解説します。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.613)での動作となります。

アニメーションとは?

アニメーションは、Windowsに昔からついている視覚効果の1つです。

例えば、ブラウザの最小化ボタンをクリックすると、ボタンからタスクバーへと小さくなっていく動きが見えるかと思います。

この視覚効果が、アニメーションです。

アニメーションを無効化することで、PCの動作が多少軽くなります。

【手順】アニメーション効果を無効にする方法

まずは、Windowsキーを押して設定を開きます。

windows-setting

次に、左側下部にある「アクセシビリティ」をクリックし、右側の「視覚効果」をクリックします。

setting-accessibility

すると、下記画面が表示されるので、「アニメーション効果」のスイッチをオフにします。

animation-switch

これで、アニメーション効果が無効化できました!

まとめ

以上、アニメーション効果を無効化してPCの動作を軽くする方法について解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事