EaseUS Todo Backup 2022がリリース

Windows11で、バックアップと復元(Windows7)を開きたい!

…という方向けに、この記事を書きました。

Windows11でも標準のバックアップ・リカバリソフトが搭載されていますが、Windows7時代の「バックアップと復元」アプリが必要になることも、場合によってはあるかもしれません。

幸運なことに、Windows11でもWindows7時代の「バックアップと復元」アプリはインストールされており、利用することが可能です。

 

この記事では、Windows11におけるバックアップと復元について解説しています。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.556)での動作となります。

【手順】Windows7の「バックアップと復元」を開く方法

Windows11では、コントロールパネルから「バックアップと復元」を開きます。

まずは、コントロールパネルを開きましょう。

「Windowsキー」を押し、下記画像の検索窓から「コントロールパネル」と入力し、コントロールパネルを開きます。

windows-startmenu

すると、下記画像になるので、「コントロールパネル」をクリックしましょう。

windows-control-panel

そして、下記画像の「バックアップと復元(Windows 7)をクリックします。

windows7-backup

 表示方法によって、画面は違いますが「バックアップと復元(Windows 7)」の項目は表示されています。

すると、下記画像のようになります。

windows11-backup

Windows7のバックアップと復元が開けました!

まとめ

以上、Windows11におけるバックアップと復元の表示方法について解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事