EaseUSクラウドサービスが大公開

LINEをアップデートしたら、iPhoneの共有メニューにLINEアカウントが出てきて、邪魔なんですけど…。

…という方のために、対処方法をまとめました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

2021年5月時点のLINEの最新バージョンにアップデートすると、iPhoneの共有メニュー上に、このようにLINEアカウントが表示になってしまいました。

 

どうやら直近に送った友人のLINEアカウントやグループなどが、自動的にここに表示されるようになっているようです。

一応、これらのアイコンを間違えてタップしても、確認画面が出てくるため、押すだけで間違えて写真や動画を送ってしまうということはないのですが、

だとしても、共有メニューにアイコンが表示されるのは正直な所、邪魔ですよね。

送りたくない写真を送ってしまいそうで、ハラハラしてしまいます。

 

ということで、今回はこの共有メニューに表示されるLINEアカウントを非表示にする方法をまとめました。

早速見ていきましょう!

【手順】共有メニューからLINEアカウントを非表示にする方法

ということで、その設定方法について。

まずはホーム画面から「歯車ボタン」をタップします。

 

設定画面が色々と出てきますので、下にスクロールしていって「Siriショートカット」を開きます。

 

この画面の「Siriショートカット」のチェックを外しましょう!

チェックがオン(緑色)の状態から、オフ(白色)に変更します。

 

チェックを外すとこのような確認メッセージが出てきますので「オフにする」をタップ。

 

さきほどのチェックが白くなっていればOKです!

 

これで、共有メニューからLINEアカウントのアイコンが消えました!

これで、一件落着ですね。

まとめ

以上、iPhoneの共有メニューにLINEアカウントが表示されるのを無効にする方法まとめでした!

 

この機能、実はSiriの「おすすめ機能」によるものだったんですね。

写真や動画を送りたい時は共有メニューからではなく、LINEから送るので、ここに表示してくれなくてもいいです!

ということで、サクッと非表示にしてしまいましょう!

 

以上、ご参考までに。

それでは!

 

 

 

関連キーワード