シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts

いつものExcel作業を時短・自動化して早く帰宅しよう!
TipstourではExcel時短テクニックを多数掲載しています。

 

Excel時短テクニック記事・一覧

Excelで、平均値を四捨五入したい!

……という方向けに、この記事を書きました。

平均値を四捨五入しないと、データを分析しづらいときってありますよね。

この記事では、Excelで平均値を四捨五入する方法について解説しています。

 当記事で使用している画像は、Excel2021での操作画面になりますが、他のバージョンでも操作方法は同じです。

【手順①】AVERAGE関数を使って、平均値を出す

下記のような中学テストの成績表を使って、説明します。

excel_table_test

まずは、平均値を出しましょう。

平均値を出すには、AVERAGE関数を使います。

AVERAGE関数の書き方は、

=AVERAGE(セル番地:セル番地)

です。

 ショートカットキーを使っても、AVERAGE関数が出せます(Alt→H→U→A)。

今回はC3からC7までの平均値を出すので、C8セルに

=AVERAGE(C3:C7)

と入力します。

実際に入力してみましょう。

excel_table_test_average

平均値が出せました!

【手順②】ROUND関数を使って、平均値を四捨五入する

AVERAGE関数で出した数値には、小数点が入っているので四捨五入しましょう。

数値を四捨五入するには、ROUND関数を使います。

ROUND関数の書き方は、

=ROUND(数値,桁数)

です。

桁数の欄が0だと整数になり(四捨五入)、数値が増えていくにつれ小数点以下の桁数が表示されます。

今回の場合は、先程出したAVERAGE関数の数値を四捨五入したいので、C8セルに

=ROUND(AVERAGE(C3:C7),0)

と入力します。

実際に入力してみましょう。

excel_table_test_round

平均値を四捨五入できました!

 ちなみに、小数点以下を切り上げたい場合はROUNDUP関数を使い、切り下げたい場合はROUNDDOWN関数を使います。

まとめ

以上、Excelで平均値を四捨五入する方法について解説しました。

ぜひ、試してみてください。