PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

いつものExcel作業を時短・自動化して早く帰宅しよう!
TipstourではExcel時短テクニックを多数掲載しています。

 

Excel時短テクニック記事・一覧

Excelで、平均値の小数点以下を切り捨てたい!

……という方向けにこの記事を書きました。

Excelで平均を出すと数値によっては小数点以下が出てきます。

桁数を揃えるためにも切り捨てしたいときってありますよね。

この記事では、Excelで平均値の小数点以下を切り捨てするROUNDDOWN関数について解説しています。

 当記事で使用している画像は、Microsoft 365 Excelでの操作画面になりますが、他のバージョンでも操作方法は同じです。

平均値の小数点以下を切り捨てるROUNDDOWN関数

平均値の小数点以下を切り捨てるには、ROUNDDOWN関数を使います。

ROUNDDOWN関数の書き方は、以下の通りです。

=ROUNDDOWN(数値,桁数)

たとえば、小数第一位までしたければ、桁数は1になります。

小数点以下を全て切り捨てたい場合は0を入力します。

以下の表をつかって、やってみましょう。

excel_test_table

まずは平均値を出しましょう。

平均値を出すには、AVERAGE関数を使います。

ですので、セルC8に

=AVERAGE(C3:C7)

と入力します。

excel_table_average

平均値を出しました。

さて、AVERAGE関数だけだと小数第一位が表示されていますね。

この小数点以下を切り捨てるためにROUNDDOWN関数を入れます。

したがって、C8には以下のように入力しましょう。

=ROUNDDOWN(AVERAGE(C3:C7),0)

入力すると、下記のようになります。

excel_rounddown_complete

平均値の小数点以下を切り捨てできました!

 小数点以下を切り上げたい場合はROUNDUP関数を使います。

 

まとめ

以上、Excelで平均値の小数点以下を切り捨てるROUNDDOWN関数について解説しました。

ぜひ1度試してみてください。