パーティションクローン・MBR/GPT変換ならPartition Master Free

Windows11で、OneDriveを自動で起動させないようにしたい!

……という方向けにこの記事を書きました。

OneDriveをあまり使わないということであれば、起動させておくのはメモリの無駄かもしれません。

この記事では、Windows11でOneDriveを自動起動させない方法について解説しています。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.778)での動作となります。

【方法①】タスクバーのアイコンから自動起動を無効にする

タスクバーにあるOneDriveのアイコンをクリックしましょう。

windows_taskbar_onedrive

もし、タスクバーにない場合は∧マークをクリックすると表示されています(画像はお使いのPCによって多少異なります)。

windows_taskbar_onedrive_secret

右上の歯車マーク→「設定」の順にクリックします。

onedrive_setting

ポップアップが表示されるので「設定」タブをクリックしましょう。

そして「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」のチェックボックスをオフにしてください。

onedrive_auto_nothing

OKを押したら、設定完了です。

OneDriveの自動起動を無効化しました!

【方法②】設定から自動起動を無効にする

Windowsの設定からも無効にできます。

まずは、Windowsキーを押して「設定」を表示させましょう。

windows-setting

左の「アプリ」「スタートアップ」の順にクリックします。

setting_application

「Microsoft OneDrive」のスイッチがオンになっていたらオフにします。

onedrive_application_startup

これで、OneDriveが自動で起動しなくなりました!

まとめ

以上、Windows11でOneDriveの自動起動を無効にする方法について解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事