【Excel】シートの見出しに色を付けて見分けやすくする方法


Excelブックのシートの見出し(選択部分)、実はセルと同じように色を塗る事が可能だったことご存じでしたか?

スポンサードリンク

関連記事

シートへの色の塗り方

簡単ではありますが、方法についてご紹介を。

Excel画面下部の、シートの選択部分を右クリックします。

「シート見出しの色」を選択すると色の一覧が出てくるので、ここで好きな色を選択してあげます。
2013-0423-162418

これだけ。 実際に色を塗ってみると、こんな感じになります。
2013-0423-162143

画像はExcel2007の例ですが、結構見た目も綺麗な感じですね。

どんな場合に使うべき?

用途として考えられるとすれば、シートが増えてきた際にカテゴリごとに分けてなんのシートなのかをわかりやすくしたり、「未完成」「完成済み」などのフラグをつけたり…という感じでしょうか。

終了済みの古いシートなどを黒色に塗りつぶすなど、色んな使い道がありそうです。

ただ、あまり多人数で使うファイルで自分ルールでカラーリングしてしまうと、後から混乱のもとになりそうな気がするので、場合によっては避けた方がいいかもしれないですね。

スポンサードリンク

 

Excelカラーリングテクニックの記事もいかがでしょう?

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly