【Excel】オブジェクト間を直線コネクタでつないだときに起きる微妙なズレを調整する方法


excel-connector-bug_2017-01-17

仕事上、構成図のようなマップをExcelで作ることが多く、図形などのオブジェクトからオブジェクトへ、直線などの罫線をつなぐことがよくあります。

この接続出来る直線などの罫線、「コネクタ」と呼ぶようですが、2007以降のExcelから、オブジェクト間を結んだ際に微妙なズレが発生してどうにも綺麗につなげられなくなってしまいました。

2003だと、オブジェクト自体を1ピクセルぐらいずらしてあげれば元の綺麗な直線に戻るようになっていたのですが、2007以降はオブジェクトをずらしても綺麗な直線に戻ってくれなくなってしまっています。

どういう仕様変更なのかわからないのですが、ただの直線なのにこうブレていると、あまりスマートじゃないのでなんとかならないか・・・ということで考えました。

スポンサードリンク

関連記事

罫線の微妙なズレを直す

2015-0505-110100

まずは、微妙にズレてしまっている罫線をクリックして選択した状態にします。 すると、上部のメニューバーに「描画ツール」「書式」という項目が表示されます。
2015-0505-110130

「書式」部分をクリックするとその罫線自体の書式設定のリボンが表示されるのでそこの一番右を確認すると「サイズ」という部分があるかと思います。
2015-0505-111017

ここの、上の部分「図形の高さ」というところが0.03や0.04だったり、微妙な値になってると思います。

この値を、下矢印などで「0」に調整してやると・・・
2015-0505-111252

このような形で綺麗な直線に表示されます。
2015-0505-110229

この設定、罫線ごとに設定しないといけないようでなんとかデフォルトで0にするよう設定できないのか?というのは調べていますがとりあえずは暫定対応として・・・この手順で解消出来そうです。

動画

Excel Tips関連記事


お仕事でExcelを使うすべての人のための、23のExcel Tips 総まとめ(2014年8月) | Tipstour

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly