フリーソフト「MailStore」を使ってThunderbirdのメールをOutlookに移行する方法


Thunderbird_Cap 2015-05-22 6.41.21

先日いろんな事情があってお仕事で使うメールソフトをThunderbirdからOutlook 2010に乗り換えました。

メールソフトの入替時には過去のメールのインポートが発生しますよね。 その際に役立ったフリーソフトと、その手順を紹介しておきます。 

インストールは発生するけども、結構簡単にメールをインポートすることができたので、この方法が割とおススメですよ。

スポンサードリンク

関連記事

MailStore Home

今回使ったのはこちら。 フリーソフトです。


MailStore Home – 窓の杜ライブラリ

1.インストール

とりあえず上記ページからインストーラをダウンロードしてインストールしましょう。
2015-0519-155014

USBで持ち運べるよう、インストール不要なポータブル版も導入可能みたいです。 これの方が、不要になったらさっと削除できるので有難い感じ。
2015-0519-155028

2.Thundebirdのメールをアーカイブ化

ツールをインストールできたら、起動しましょう。

まずはThunderbirdのメールをアーカイブ化(バックアップ)する必要があるみたいです。

左側のメニューから、「Eメールのアーカイブ」→Eメールクライアント「Thunderbird」を選択。
2015-0519-155335

アーカイブのプロファイル名を聞かれるので、適当な名前を付けて次へ進みます。 この名前はなんでもいいです。

すると、自動的にメールがアーカイブ化が開始されます。 アーカイブ処理が終わるまで待ちましょう。 メール数によっては時間がかかる場合ありです。
2015-0519-155319

3.Outlookにメールをエクスポートする

続いて「マイアーカイブ」からアーカイブしたプロファイルを右クリック、移行先に「Microsoft Outlook」を選択します。

さきほどアーカイブしたプロファイルが「すべてのフォルダ」の中に入っているはずなので、これを選択して次へと進みます。
2015-0519-164833

無料版は「EメールをローカルのOutlookにエクスポート」しか選べないみたいなので、それを選択して「次へ」。
2015-0519-164904

すると、アーカイブされていたメールがOutlookに順次インポートされます。
2015-0519-165053

Outlookのメールフォルダを見てみると、「MailStore Export」という名前でThunderbird内のメールが徐々にインポートされていることがわかります。
2015-0519-165416

アーカイブ化したThunderbirdのメール

アーカイブ化したメールは、exeファイルのフォルダ内の「Data」フォルダ内に格納されてます。
2015-0520-092454

当然、メール数が多い場合はここのファイルサイズもけっこう大きくなっていると思いますので、Outlook移行後に不必要なら削除してしまってよいでしょう。

今回の方法であれば、Outlook側のPST形式のファイル内にメールが保存されているはず。

まとめ

  • MailStore Homeをインストールする
  • Thunderbirdのメールをアーカイブ化する
  • Outlookのプロファイルにエクスポート
  • 不要なアーカイブファイルは削除してもOK

ざっと流れはこんな感じですね。

このツール、メールのバックアップなどの用途にも使えそうなので、今回はこのメール移行の用途にしか使わなかったけど、実は結構多機能に役立ちそう。

OutlookからThunderbirdへの移行といった逆パターンはもちろん、他ソフトへの移行にも使えそうな気がしますね。

スポンサードリンク

 

フリーソフトの関連記事


Windowsでお金をかけずにセキュリティを高めたいならこの2つのフリーソフトを入れればいいと思うよ | Tipstour


僕が愛用している10個のインストール不要フリーツールまとめ(2014年10月版) | Tipstour


愛用して早5年!動作軽快な画像編集ソフト「PhotoFiltre」 | Tipstour


『Nexus Font』が増えすぎたフリーフォントの整理に役立ちすぎな件 | Tipstour

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly