PC引っ越し・ゲーム移行ならTodo PCTransで十分!

Windows11には「ストレージセンサー」という、削除済みファイルや一時テンプファイルなど、一般的には不要なファイル類を自動的に検出し、削除してくれる機能です。

SSDのみ搭載したPCなど、ディスク容量の少ないWindowsPCでは、こうしたストレージセンサーの機能がかなり役立つと思います。

 

この記事ではストレージセンサー機能を有効化/無効化する方法について解説しています。

  こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年3月の最新バージョン(ビルド:22000. 493)での動作となります。

【手順①】設定画面を開く方法

  • スタート画面から設定画面を開く方法
  • スタートメニューから設定画面を開く方法
  • ショートカットキー操作で設定画面を開く方法

デスクトップ画面のタスクバーに配置された「スタート」アイコンをクリックします。

スタート画面

「スタート画面」が開きますので、ピン留めされた「設定」アイコンをクリックしましょう。

または、「スタート」アイコンを右クリックして「スタートメニュー」を開き、「設定」項目をクリックします。

スタートメニュー

ショートカットキー「Windows キー + I」操作でも「設定」画面を開くことが可能です。

ショートカットキー操作

【手順②】ストレージセンサーのスイッチをオンにする方法

「設定」画面が開いたら、画面を下部にスクロールし「記憶域」タブをクリックしましょう。

設定画面

「記憶域」画面が開いたら、画面を下部にスクロールし「ストレージセンサー」タブを見つけます。

記憶域

「ストレージセンサー」タブの右側に配置されたスイッチを右に移動させて、オフからオンにスイッチを切り替えましょう。

スイッチの切替

これで、「ストレージセンサー」機能のスイッチが入った状態です。

まとめ

以上、Windows11でストレージセンサー機能を有効化/無効化する方法でした。

当ブログでは、Windows11関係の操作方法などを詳しくまとめています。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事