EaseUS Todo Backup 2022がリリース

この記事では従来の「インターネットオプション」を開く方法について解説しています。

  こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年3月の最新バージョン(ビルド:22000. 493)での動作となります。

【手順①】2つのコントロールパネルを開く方法

インターネットオプションは、コントロールパネルから開くことが可能です。

「コントロールパネル」を開く方法は2つあります。

  • スタートボタンからコントロールパネルを開く方法
  • ショートカットキー操作でコントロールパネルを開く方法

デスクトップ画面のタスクバーに配置された「スタートボタン」のアイコンをクリックします。

スタートボタン

「スタート画面」が開いたら、右上に配置された「すべてのアプリ」ボタンをクリックしましょう。

スタート画面

「すべてのアプリ」ボタンをクリックすると「すべてのアプリ」画面が表示され、画面を下部にスクロールして「Windowsツール」アイコンをクリックします。

すべてのアプリ画面

「Windowsツール」アイコンをクリックすると「Windowsツール」画面が開きますので、画面右上に配置された「表示方法」の横の矢印をクリックして中もしくは大アイコンにしましょう。

windowsツール画面

「Windowsツール」画面の中央部に配置された「コントロールパネル」アイコンをクリックします。

もしくは、ショートカットキー「Windows キー + R」操作で「ファイル名を指定して実行」を立ち上げ、名前の枠に「control」と入力してOKボタンをクリックしましょう。

ショートカットキー操作

【手順②】インターネット オプションを開く方法

「コントロールパネル」画面が開いたら、画面右上に配置された「表示方法」を大きいアイコンにしましょう。

コントロールパネル

「コントロールパネル」画面の右上辺りに「インターネット オプション」のアイコンが表示されています。

「インターネット オプション」のアイコンが見つけられたらクリックしましょう。

インターネットのプロパティ画面

「インターネットのプロパティ」画面が開いたら操作は終了です。

まとめ

以上、Windows11で従来の「インターネットオプション」を開く方法でした。

当ブログでは、Windows11関係の操作方法などを詳しくまとめています。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事