PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

Windows11でブルースクリーン(青い画面)が出た場合どうすればいいのか知りたい!

…という方向けに、この記事を書きました。

 

ブルースクリーンはエラーメッセージ等が表示されている青い画面です。

普通に使っていると突然表示されるので、PCが壊れたのかとびっくりします。

ブルースクリーンが発生する原因は様々ですが、少なくとも発生した際に「なにか対策を打てたらなぁ」と思いますよね。

そこで当記事では、Windows11でブルースクリーンが発生する原因や対処法を解説します。

ぜひ1度読んでみてください。

Windows11で青い画面になる原因は

Windows11でブルースクリーン(青い画面)が表示される原因は、以下の4つです。

  • ハードウェアの故障
  • ウィルスの感染
  • ドライバやソフトウェアの互換性
  • 更新プログラムの不具合

CPUやメモリなどのハードウェアが故障していれば、最悪交換する可能性があります。

お使いのPCがウイルスに感染するとOSプログラムを破壊するため、ブルースクリーンが表示されます。

ドライバーやソフトウェアが使っているPCのバージョンと互換性がないのも原因です。

さらに、Windows Updateなど更新プログラムの不具合によって表示されるブルースクリーンもあります。

Windows11でブルースクリーン(青い画面)になる対処法

主なブルースクリーンの対処法には、以下の5つがあります。

  • 専門ツールPassFab Computer Managementでパソコンを修復する
  • プログラムをアンインストールする
  • 周辺機器の接続を確認する
  • 高速スタートアップを無効にする
  • デバイスドライバを更新する

それぞれ解説します。

【方法1】専門ツールPassFab Computer Managementでパソコンを修復する

まずはPassFab Computer Managementという専門ツールを使う方法を紹介します。

PassFab Computer Managementは修復用の起動ディスクを作成し、ブルースクリーンを始めとしたPCトラブルを修復するツールです。

ブルースクリーンを修復する以外にも破損したデータの復元やログインパスワードのリセットもできます。

実際にPassFab Computer Managementで起動ディスクを作成してみましょう。

起動ディスクはCDやUSBメモリで作成可能です。

PassFab Computer Managementを起動すると以下の画面が表示されるので、今すぐ起動ディスクを作成するをクリックしてください。

passfab_computer_manegement_default

すると、以下の画面が表示されるので上段に使用しているOSの種類を選択し、下段に起動ディスクを作成したいデバイス(この記事ではUSBメモリ)を選択します。

OSはWindows7から11まで選べます。

passfab_computer_manegement_boot_disk_make

選択したら、次へをクリックしてください。

下記画面が表示されるので、続けるをクリックします。

passfab_computer_manegement_alert

以下の画面が表示されるので少し待ちます。

passfab_computer_manegement_boot_disk_download

下記画面に切り替わったら、起動ディスクの作成完了です。

passfab_computer_manegement_complete

あとはブルースクリーンなどのトラブルが発生したら、起動ディスクを使用して対処します。

起動ディスクの使用にはブートメニューに入る必要があります。

ブートメニューの起動方法については、詳細なガイドを見るをクリックするとPCメーカーごとの起動方法が参照可能です。

passfab_computer_manegement_bootmenu

【方法2】プログラムをアンインストールする

プログラムをアンインストールするのも手です。

たとえば、出どころがわからないフリーソフトにウィルスが入っている可能性があるため、むやみにインストールすると感染するおそれがあります。

そのため、ブルースクリーンが表示され、最悪の場合PCを交換する可能性もあります。

また、意外と油断ならないのがWindowsの更新プログラムです。

更新プログラムに不具合があるために、ブルースクリーンが表示されることもあります。

もし更新プログラムをインストールしたのにブルースクリーンが表示される場合は、インストール前のバージョンに戻しましょう。

【方法3】周辺機器の接続を確認する

マウスやハードディスクなど周辺機器の接続も確認しましょう。

パソコンを1度シャットダウンし、周辺機器を全て外して起動してみてください。

もし正常に起動するようであれば、周辺機器のどれかがOSとの互換性がない可能性があります。

この場合、OSを元のバージョンに戻すか互換性のある周辺機器を購入する必要があります。

【方法4】高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップを無効にするのも有効です。

高速スタートアップはPCの電源を切った際にシステム情報を一時的に保存し、その情報をもとにPCを瞬時に起動させる機能です。

起動は早くなりますが、一時的にデータが保存されたままで設定変更すると、ブルースクリーンが発生することがあります。

高速スタートアップを無効にするためには、PCを再起動してください。

再起動をすれば高速スタートアップが無効になるだけでなく、PCの電源を完全に落とせるのでブルースクリーンが発生しなくなる可能性があります。

【方法5】デバイスドライバを更新する

古いバージョンのデバイスドライバを使い続けることでも、ブルースクリーンは発生します。

デバイスドライバを最新のバージョンにアップデートすれば問題が解決します。

アップデートするには「デバイスマネージャー」から、該当のデバイスドライバを更新してください。

まとめ

以上、Windows11でブルースクリーンが表示されたときの対処法を解説しました。

Windowsを使っていると、ブルースクリーンが表示されることがあります。

原因はハードウェアの故障やウィルスの感染など様々です。

しかし、専門ツールを使ったり余計なプログラムをアンインストールしたりすることで対処ができます。

今回の記事が参考になれば幸いです。

なお、今回紹介した専門ツールのPassFab Computer Managementはこちらでも詳しく紹介しています。