EaseUS Todo Backup 2022がリリース

無料の、Windowsのブートエラー修復ツールを探しているので、オススメを教えてほしい!

…という方に、世界中で利用されているツールのWindows11対応バージョンが公開されましたので、ご紹介します。

 

ということで、こんにちは!

Windows11が正式リリースされてからまだ数ヶ月で、既存のアプリケーションやソフト、ツール類は順次Windows11に対応し始めている…という状況です。

その中で、以前、このTipstourでもご紹介したことのある「EasyRE」がWindows11対応版をリリースしたということで、その機能を改めてご紹介します。

【解説】EasyREで出来ること

EasyREはWindows11対応済みの、無料のWindowsリカバリーツールです。

正式名称は「Easy Recovery Essentials」といい、CDやUSBメモリに入れて起動することで、WindowsのBIOSやブートセクターの修復などを自動で行ってくれるツールとなります。

 

細かい機能は以下の通り。

  • BCDブートエラーの修復
  • Windows起動中のブルースクリーンエラーの解決
  • EFIブートローダーの問題の修正
  • MBRの問題の修正
  • PC内のオフラインウイルススキャン
     (ルートキットなどの不正プログラムも検出可能)

上記の機能が、無料で利用できます。

 

ただし、このツールは日本語化されておらず、完全に英語表記となっているため、多少の注意が必要です。

Neosmart社自体は2004年から活動しているアメリカ・シカゴの企業で、これまでOEM/コンピュータメーカー向けのソフトウェアの開発などで長期間の実績があります。

EasyREもこれまで全世界で数千万回以上(!)ダウンロードされているため、ツールとしては実績があり安全だと思われますが、最終的な利用は自己責任でお願いいたします。

【手順】EasyREを公式サイトからダウンロード

ということで、EasyREのダウンロードは以下のページからどうぞ。

 

上記をクリックするとこのようなページが表示されるので、ページの下部までスクロールしていきます。

 

購入するバージョン・エディションを選ぶ画面が出てきます。

現時点では「Home」「Windows11」がFREE、無料となっているはずです。

ここを選択して「DOWNLOAD NOW」をクリックしましょう。

 

Windows11対応のEasyREは無料公開されていますが、注文画面に情報を入力する必要があります。

ここで入力したメールアドレス宛に、ダウンロードリンクが送られてくる、という仕組みですね。

「City」はお住まいの都道府県、「States」はアメリカの州のことですので「Other/None」でOKです。

「Zip Code」は郵便番号です。 詳細は住所までは書かなくてOK!

 

すると入力したメールアドレス宛に、ダウンロードリンクが書かれたメールが送られてきます。

ここをクリックすれば、EasyREのダウンロードが開始される!という仕組みです。 

まとめ

以上、無料のリカバリツール「EasyRE」のWindows11対応バージョンのご紹介でした。

Windowsが起動しなくなった際の最終手段としてのリカバリツールですので、可能であればあまり使いたくないものですが…

あくまで、参考程度に、こうしたツールを使うという手もあるよ、ということで考えていただければと思います!

 

ということで以上、ご参考までに。

それでは!