PC引っ越し・ゲーム移行ならTodo PCTransで十分!

暗い場所で使っていたら画面の明るさが勝手に調整されてうっとうしいので止めたいです!

…という方に向けて、この記事を書きました。

 

ということで、こんにちは!

Windows11には、デバイスによってですが、周りの環境の明るさに応じて、ディスプレイの明るさを自動的に調整する機能があります。

場合によっては役立つのですが、デバイスや周りの照明の明るさによっては、こまめに明るさが変わりすぎて余計にうっとうしい場合も、正直多いです。

この記事では、そうした自動調整を無効化する方法をまとめました。

 

  こちらの画面は、Windows11 Homeの2021年10月の最新バージョン(ビルド:22000.318)での動作となります。
 

【手順】ディスプレイの明るさの自動調整を無効化する方法

まずは、設定ウィンドウを開きましょう。

 

  Windows11の設定ボタンですが、Windows10以前のスタートメニューの位置から少し移動しており、少しわかりづらくなっています。

以下の記事に、設定ウィンドウの開き方をまとめていますので、あわせてご覧ください!

【Windows11】「設定ボタン」はどこ? デスクトップから設定ウィンドウを開く方法まとめ | Tipstour

 

設定ウィンドウが開けたら、「システム」→「ディスプレイ」の順に開いていきましょう。

 

このような画面になるので、この「明るさ」の項目をクリックします。

明るさの調整ゲージではなく、この空白部分をクリックしましょう。

 

すると、このようにメニューが出てくるので、ここの「照明が変化した場合に明るさを自動的に調整する」のチェックを外します。

これで、自動調整が無効化できました!

まとめ

以上、Windows11にて画面の明るさの自動調整を無効化する方法でした。

 

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

Windows11を便利に使う上での役立つ設定Tipsも、随時公開しています。

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください!

Windows11の関連記事

 

以上、ご参考までに!

それでは!