PC引っ越し・ゲーム移行ならTodo PCTransで十分!

Windows11でコマンドプロンプトを起動する方法を教えて下さい!

…という方に向けて、起動方法をまとめました。

 

Windows11でも、従来通りのコマンドプロンプトを使うことが可能です。

ただし、Windows11からスタートメニューが変更になった関係で、コマンドプロンプトを探すのが少々難しくなっています。

この記事では、Windows11でWindows コマンドプロンプトを起動する2つの方法をわかりやすくまとめています。

 

  こちらの画面は、Windows11 Homeの2021年10月の最新バージョン(ビルド:22000.258)での動作となります。

【方法①】スタートメニューから順番にコマンドプロンプトを起動する方法

まずは、スタートメニューから順番にたどって、コマンドプロンプトを起動する方法です。

スタートメニューを開いて、右上の「すべてのアプリ」をクリックします。

 

スタートメニューに登録されているアプリ一覧が表示されます。

ここではひとまずそのまま、下にスクロールします。

 

「W」の行に「Windowsツール」というのがあるので、ここをクリックしましょう!

 

Windowsツールというウィンドウが開きました。

かつての「アクセサリ」に入っていたようなアプリ類は、ここの中に入っているわけです。

この中にお目当ての「コマンドプロンプト」があります。

 

これで、コマンドプロンプトが起動できました!

【方法②】コマンドを入力してコマンドプロンプトを起動する方法

コマンドプロンプトは比較的よく使うアプリのため、できればもっと簡単な方法で起動したいものです。

次に紹介する方法は、方法さえ覚えてしまえばどの画面からでも、5秒以内にコマンドプロンプトを起動することが可能ですので、ぜひ活用してください。

 

まずはスタートメニューを開きます。

そして、キーボードで以下のように入力しましょう。

cmd

 

すると、このようにWindows コマンドプロンプトが表示されてきますので、そのままエンターキーを押します!

 

この方法でも、コマンドプロンプトが起動できます!

スタートメニューを開いて文字列を入力すると、関連するアプリを検索候補に表示してくれるので、ここで「cmd」と入力することで、どの画面からでもコマンドプロンプトが呼び出せる、というわけですね。

 

【備考】コマンドプロンプトをスタートやタスクバーに登録する方法

ちなみに、このコマンドプロンプトを、スタートメニューやタスクバーの中に登録することも可能です。

さきほどのスタートメニューで「cmd」と入力すると、「スタートにピン留めする」「タスクバーにピン留めする」というメニューが表示されます。

ここをクリックすることで、スタートやタスクバーにコマンドプロンプトを登録することが可能です!

まとめ

以上、Windows11でWindows コマンドプロンプトを起動する2つの方法でした!

 

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事

 

以上、ご参考までに!

それでは!