PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

この記事では、 Windows11における仮想デスクトップの追加方法と削除方法について解説しています。

 こちらの画面は、Windows11 21H2エディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.493)での動作となります。

【手順①】仮想デスクトップを追加する方法

仮想デスクトップは、[タスクビュー]から追加できます。

[タスクビュー]を表示するには、下記の2種類の方法があります。

  • タスクバーの[タスクビュー]をクリックする
  • [Windows]キーと[tab]キーを同時に押す

タスクビューの画像

タスクビューが表示されたら、下記の[新しいデスクトップ]の+部分をクリックすると仮想デスクトップが追加されます。

タスクビューの新しいデスクトップ

クリックすると、仮想デスクトップが追加されました。

仮想デスクトップ追加後の画像

  • ネットサーフィン用
  • 資料作成用
  • Web会議用

など、用途にあわせて追加するのがおすすめです。

 仮想デスクトップは、[ctrl]キー+[Windows]キー+[D]キーのショートカットキーでも追加できます。

【手順②】仮想デスクトップを削除する方法

仮想デスクトップを削除するには、同じく[タスクビュー]から削除します。

下記画像のように、削除したい仮想デスクトップの右上の×マークをクリックしてください。

仮想デスクトップを削除する際の画像

仮想デスクトップを削除した時、削除した仮想デスクトップ内で起動していたアプリケーションは元あったデスクトップ内に移動します。

 3つ以上仮想デスクトップを開いている場合

右側の仮想デスクトップにあるアプリケーションは左側に移動し、左側の仮想デスクトップにあるアプリケーションは右側に移動します。

まとめ

以上、Windows11における仮想デスクトップの追加方法と削除方法について解説しました。

ぜひ、一度使ってみてください。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事