MacでSDカードのデータが削除出来ない現象って、たまにありませんか?

ぼくも先日、SDカード内の画像ファイルが削除できない現象が発生しました。

この画像のように「ゴミ箱に入れる」というメニューが表示されないのです。

 

この現象ですが、あることを1つだけしたら、解決しました。

その方法について、ご紹介しますね。

【方法】SDカードのロックスイッチを入れ直す

さて、今回の現象の理由ですが、ズバリ「SDカードのロックスイッチの接触が悪くなっていた」のが原因でした。

そして、この現象は、ロックスイッチを入れ直すことで解決しました。

 

SDカードには、この部分のようなロックスイッチが付いています。

 

通常、このスイッチが下に入っていると、データ書き込みやデータ削除などがロックされ、変更できないようになります。

  • スライドが上だと:データの書き込みや削除可能
  • スライドが下だと:データの書き込みや削除不可

 

ほとんどの人は、通常はスライドが上になっているはずです。

でないとデータの操作が出来ないので、普通ならここの部分を触ることもないでしょう。

しかし、このロックスイッチ、接触不良でスライドが上にあるのにロックされてしまう場合があるのです。

 

こうした場合、ロックスイッチそのものが破損しているのでなければ、スイッチを一旦下にスライドして、また上に戻してみて現象が改善するかどうかを見てみてください。

 

すると、ぼくの環境ではこのように「ゴミ箱に入れる」のメニューが復活していました。

データ削除が出来ない原因は他にある場合もありますが、一旦この方法を試してみることをオススメします!

 

以上、ご参考までに。

それでは!

関連記事

こちら、関連記事です。

MacのSDカード関連で、データファイルは何も入っていないはずなのに空き容量が増えないという現象が、これまた時々発生します。

その解決方法についてまとめました。

【Mac】SDカードのデータが空の筈なのに容量が埋まっている場合の対応方法! | Tipstour