パーティションクローン・MBR/GPT変換ならPartition Master Free

いつものExcel作業を時短・自動化して早く帰宅しよう!
TipstourではExcel時短テクニックを多数掲載しています。

 

Excel時短テクニック記事・一覧

Excelで、離れたセルの平均を出したい!

……という方向けにこの記事を書きました。

平均を出す関数といえば、AVERAGE関数ですよね。

しかし、AVERAGE関数だと「範囲内の平均しか出せないんじゃないの?」って思われるかもしれません。

実は、AVERAGE関数では離れたセルの平均を出すこともできます。

この記事では、AVERAGE関数で離れたセルの平均を出す入力方法について解説しています。

 当記事で使用している画像は、Excel2021での操作画面になりますが、他のバージョンでも操作方法は同じです。

AVERAGE関数で離れたセルの平均を出す方法

AVERAGE関数で離れたセルの平均を出すのは可能です。

セルごとにカンマで区切れば、離れたセルの平均が出せます。

ためしに以下の表を使って離れたセルの平均を出してみましょう。

excel_average_table

現在、C8にはC3からC7までの平均を出すAVERAGE関数が入っています。

さらに、C9とC10でそれぞれ奇数回数と偶数回数の平均を出す項目を設けました。

C9には奇数回数の平均を出したいので、使うセルはC3とC5とC7です。

したがって、C9には

=AVERAGE(C3,C5,C7)

と入力します。

excel_average_odd

奇数回数分の平均が出せました。

同様に偶数回数の平均には、C4とC6を使います。

つまり、C10に入力するのは

=AVERAGE(C4,C6)

となります。

excel_average_even

離れたセルの平均を出せました!

まとめ

以上、AVERAGE関数で離れたセルの平均を出す入力方法について解説しました。

ぜひ1度試してみてください。