ExcelやWordなどでファイルを編集中、上部のメニューバーが見えなくなってしまったという経験、ありますでしょうか?

ちょうど、こんな感じ。

 

Office系のソフトは、画面上部のメニューバーを非表示にする機能が付いているので、なんらかの操作でこのメニューバーを非表示にしてしまったのだと思います。

そんな時の対応方法について、まとめました。

メニューバーを表示/非表示にするショートカットキーについても紹介していますので、ご参考までにどうぞ。

非表示状態だとメニューは勝手に消えてしまう

今回は、Excelの画面を例に対応方法を紹介しますね。

まず先に知っておいていただきたいのが、メニューバーが非表示の状態でも、その上部に表示されている「タブ」を押せば、メニューが表示されるということ。

しかし、別の場所をクリックしたりすると、再びメニューは消えてしまうような動きになっています。

何度もメニューを使う場合には、少々不便ですね。

メニューバーが消えてしまった時に押すボタン

メニューバーを常に表示したい場合の対応方法はこちら。

ウィンドウの右上…最小化や最大化などのボタンの隣に「上矢印のボタン」があるので、ここをクリックします。

 

すると、このようなポップアップが出てきます。

続いて「タブとコマンドの表示」をクリックすると…

 

見覚えのあるメニューバーが戻ってきました!

操作はこれだけです。 再表示するボタンの場所さえ覚えておけば、カンタンですね。

メニューバーを表示/非表示にするショートカットキー

ショートカットキーでも、メニューバーの表示を切り替えることが可能です。

Ctrl + F1

 

このショートカットキーを押すことで、表示/非表示と交互に切り替えることが可能です。

利用手段としては、画面が小さいPCなどで役立ちます。

例えば、Excelシートを大きく表示したいものの、メニューバーが邪魔で全体が表示しきれない場合など。

こうした場合に、メニューバーを一旦非表示にすることで、作業をしやすくすることもできますね。

Word、Powerpointでも同様!

もちろん、これらの操作は、Excelに限らず、WordやPowerpointでも同じように使えます。

Office 2016以降のソフトであれば基本的に、このメニューバーの概念と操作方法は統一されているので、覚えておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク

 

まとめ

  • 非表示状態だと、操作中にメニューバーが消えてしまう
  • 常に表示したい場合はウィンドウ右上のボタンから
  • 「Ctrl + F1」でもメニューバーの表示/非表示が切替可能!
  • Office 2016のソフトウェアなら同一の操作で対応できる!

 

ふとしたはずみで、この「Ctrl + F1」のショートカットキーを押してしまうことがあるかもしれませんね。

いきなりだとビックリして慌ててしまいそうですが、方法と概念がわかれば、結構役立つ機能だと思いますよ!

ぜひ、活用してみてくださいな。

それでは!

 

関連記事:無料でOfficeを使うこともできます

Office Onlineという仕組みを使えば、Webベースですが無料でOffice製品を使うことも可能です。

興味があれば、こちらの記事もどうぞ〜。

無料でOfficeを使う! Office Onlineの登録方法まとめ | Tipstour