今流れている音楽を検索してくれるアプリ『Shazam』にいつのまにか自動音声取り込み機能が追加されてた! バックグラウンドでも動くしこれ最強すぎる!


2014-0205-055811

iPhoneやAndroidでリリースされている、今スピーカーから流れている音楽をマイクで取り込むと楽曲のデータベースからその楽曲のアーティストやタイトルを教えてくれるという、音楽好き必須なアプリ『Shazam』ですが、いつのまにか自動で音声を取り込んでくれる機能が追加されていました。

うおーーー、これは捗る。 やばいやばい。

スポンサードリンク

 

Shazam

iTunes App Store : Shazam

Google Play : Shazam

Shazamの自動取り込み機能

従来のShazamだと、マイクから楽曲を取り込んでくれるのはボタンを押してからの一定時間のみでした。 有名曲やポップスだとすぐ取り込んでくれるんですけど、テクノやハウスといったInstrumentalな楽曲だと、なかなか判別してくれなかったり、判別しても違う曲だったり、ということがままあります。

が、いつのタイミングかはわかりませんが、Shazamの自動取り込み機能が新しく追加されていたようです。 知らなかった! これ使えます。

自動取り込み方法

自動の取り込みですが、方法は簡単です。 取り込みを行うメイン画面の上部に、最新版のShazamだと「オン/オフ切り替え」のボタンがあります。 要するにそこをオンにポチっとしてあげるだけです。
2014-02-04 21.09.59_small

iPhoneのステータスバーが赤くなっている状態が、自動取り込みがオンになっている状態です。 この状態だとスマートフォンのマイクから音声を取り込み、データベースと一致したら自動的に次々とタグ付けしてくれます。
2014-02-04 21.10.36_small

この機能、バックグラウンドでも動作するので例えばTwitterしながらとかWebブラウズしながらとかでも取り込んでくれるようになってます。 データベースと一致したら、自動的にタグ一覧に楽曲が追加されていきます。 うーん、すごい便利。
2014-02-04 21.30.41_small

うまく取り込めない楽曲は通常の取り込みモードで更に取り込みやすく。

自動取り込みのモードですが、常に取り込んでいる分、小さな音声だと取り込めなかったりする場合があるみたいです。 「この部分で音声を取り込んでデータベース検索したい」という部分があれば、通常の取り込みモードにすると楽曲を認識しやすくしてくれるみたいです。
2014-02-04 21.20.59_small

 

Shazam! Vol. 1

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly