【Excel】IF文で使える全・演算子まとめ


今回はExcel関数である、IF文で使える演算子についてまとめてみました。

普段何気なく使っているこうした演算子をあらためて、チェックしてみましょう。

実例のスクリーンショット込みで、説明しています!

スポンサードリンク

関連記事

IF文とは?

条件分岐によって値を導き出すことのできる関数です。

=if(条件式,真の場合,偽の場合)

演算子とは?

複数の値が比べた際に、それぞれの数値が等しい(イコール)か、どちらが大きいか、または小さいか、以上、以下…。

などといった、値を比較するための条件を表す記号です。

これらをIF文で使用することにより、条件を細かく設定することが可能になるというわけですね。

下記に、それぞれの演算子の実例をまとめてみました。

=(イコール)

=(イコール)はいわゆる「等号」と呼ばれる演算子です。

if文内では、複数の値が正しいという条件付けを行うことができます。

 

実際に使用してみましょう。

以下は実際の売上額と、レジ内の現金誤差があるかないかを判定しています。

=if(B5=B6,”レジ誤差なし”,”レジ誤差あり!”)

この場合、B5=総売上とB6=レジ内にある現金に、相違がなければ誤差なし、あれば誤差あり! と表示する関数式です。

<>(不等号)

こちらは「=(イコール)」の逆になります。

If文内で使用した場合、複数の値が等しくない場合を条件として指定できます。

B5=総売上とB6=レジ内にある現金に、相違があれば誤差あり、なければ誤差なし! と表示する関数式ですね。

>(大なり)<(小なり)

大なり小なりの演算子は、複数の値を比較して大きいか、それとも小さいかを表します。

 

下記は、ペンギンチームの得点(B2)が、イルカチームの得点(C2)より大きい場合(> 大なり)、ペンギンチームの勝ちと表示する関数式です。

小さい場合はイルカチームの勝ちと表示します。

 

こちらは逆パターンです。

ペンギンチームの得点(B2)が、イルカチームの得点(C2)より小さい場合(> 小なり)、ペンギンチームの負けと表示する関数式です。

大きい場合はイルカチームの負けと表示します。

>= (大なりイコール)<= (小なりイコール)

大なりイコールと小なりイコールは、以上、以下を表す数値です。

結婚条件を判定する表を例として見てみましょう。

 

結婚条件はA1の通り。 こちらは>=(大なりイコール)の具体例です。

E列の関数式ですが、年収が1000万未満だとng、1000万以上だと「ok」と表示されるように設定してあります。

下記はE5の関数式を表示しています。

続いて<=(小なりイコール)の具体例です。

F列の関数式ですが、体重が70kg以下だとok、70kgを少しでもオーバーしていると「ng」と表示されます。

スポンサードリンク

 

まとめ:演算子を使えば様々な条件を指定できる

以上のように、IF文で演算子を扱うことにより、様々な数値の条件を指定できます。

条件を覚えておけば、様々な場面で応用できることでしょう。

ぜひ、IF文で使用できる演算子を覚えてみてくださいね。

それでは!

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly