招待用URLって、会議ごとに毎回変わるって本当?

Web会議を何度も開催するので、招待用URLを固定したんだけど…

…という方に向けて、この記事を書きました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

冒頭にも書いた通り、Zoomの招待用URLはWeb会議を開催するごとにリセットされ、URLが変わります。

定期的にWeb会議を開催する場合、これは非常に面倒ですよね。

毎回同じ人が参加するなら、URLは固定できた方が確実に便利です。

 

この記事では、招待用URLが毎回変更される理由と、招待用URLを固定する設定方法をまとめました。

早速見ていきましょう!

【事実】招待用URLは毎回変わります

招待用URLが毎回変更になる理由は、Web会議ごとに「ミーティングID」という数字が変更になるからです。

ミーティングIDとは、1つのWeb会議に1つ付いている個別の番号のことで、Web会議を開催すると自動的に設定されます。

会議室の部屋番号と考えてもらってもOKです。

 

デフォルト、初期設定の場合、このミーティングIDは毎回変更されます。

例えば、こんな感じ。

3回連続でWeb会議を開催してみたところ、毎回違うミーティングIDが設定されるようになっています。

 

招待URLにはこのミーティングIDの情報が含まれているため、毎回Web会議を開催するたびにURLの方も変更されるというわけです。

https://us04web.zoom.us/j/[ミーティングID]?pwd=[暗号化されたパスワード]

ミーティングIDは固定可能

このミーティングIDは、固定することが可能です。

個人ミーティングID(PMI)という機能を使います。

これは、Zoom利用者の各個人に割り振られた固定番号の番号で、このIDを使えるのは自分だけです。

この個人ミーティングIDを使ってWeb会議を開催すれば、何度開催しても招待用URLは同じものになります。

定期的にWeb会議を開催する場合、この設定は非常に便利です。

【手順】招待用URLを常に固定する設定方法

ということで、その具体的方法をご説明しますね。

まずはアプリを開きます。

そして右上の設定アイコン、歯車マークをクリックします。

 

設定画面左メニューの「プロフィール」から「高度な機能を表示」をクリックします。

 

するとWebブラウザが開いて、Zoomの設定ページが表示されてくるはずです。

そのまま、少し下にスクロールしていきましょう。

 

「インスタントミーティング開始時に個人ミーティングID(PMI)を使用」という項目があります。

ここをクリックして、オンの状態にしましょう!

 

注意書きが出てきますが、そのまま「オンにする」をクリックです。

 

これで招待用URLが固定されました!

ミーティングIDが自分の固定IDに設定され、招待用URL(招待リンク)も常に同じものが利用できるようになります。

 

  ちなみに、スケジュール設定で開催するWeb会議のミーティングIDと招待用URLを固定したい場合は、

先ほどの設定画面から「ミーティングスケジューリング時に個人ミーティングID(PMI)を使用」をオンにすればOKです。


 

このように、当ブログ・TipstourではZoomの操作方法を解説しています。

Zoomについての操作方法は、こちらのリンクからどうぞ!

Zoomの使い方・記事一覧はこちら

 

以上、ご参考までに!

それでは!