EaseUS Todo Backup 2022がリリース

Windows11で、マウスのプロパティを変更したい!

……という方向けに、この記事を書きました。

カーソルのスピードが思ったより早かったり、マウスホイールが行き過ぎたりするとちょっとストレスですよね。

少し動かしただけでカーソルを見失ったり、ホイールを少し回しただけで見たい箇所が過ぎたりしてしまうこと。よくあります……。

この記事では、マウスの設定プロパティを開く方法について解説します。

 

実は、Windows11ではマウスの設定画面が2つありまして、その両方の画面を開く方法を、こちらではご紹介しております。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.613)での動作となります。

【手順】マウスの設定プロパティを開く方法

まずは、Windowsキーを押して「設定」を開きます。

windows-setting

開いたら、左側にある「Bluetoothとデバイス」をクリックし、下にスクロールすると「マウス」という項目があります。

setting-mouse-property

クリックすると、設定プロパティが表示されます。

mouse-property

「マウス」の設定プロパティが開けました!

【手順②】コントロールパネルからマウスの設定プロパティを開く

コントロールパネルからの手順も紹介します。

まずは、「設定」から「コントロールパネル」を開きます。

windows-control-panel

コントロールパネルを開いたら、「ハードウェアとサウンド」をクリックしましょう。

control-panel-hardware

そして、「デバイスとプリンター」にある「マウス」をクリックします。

device-and-printer-mouse

すると、下記画面になります。

mouse-property

画面は違いますが、設定できる項目はほぼ同じです!

【参考】マウスの設定プロパティで変更できる項目

マウスの設定プロパティで変更できる項目は、下記になります。

  • マウスの主ボタン:決定等の操作を左か右かに変更できます。
  • マウスポインターの速度:右に行くほど、スピードが早くなります。
  • マウスホイールを回転させてスクロールする:「1画面ずつ」か「複数行ずつ」でスクロールする量を選べます。
  • 一度にスクロールする行数:1つ前で「複数行ずつ」を選んだときのみ、スクロールする行数を1~100の範囲で選べます。
  • ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする:マウスカーソルを非アクティブウィンドウに乗せたときにスクロールさせるかどうかを選べます。
  • マウスの追加設定:さらに詳細な設定を変更できます。
  • マウスポインター:カーソルの色やサイズを変更できます。

まとめ

以上、マウスの設定プロパティを開く方法を解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事