PC引っ越し・ゲーム移行ならTodo PCTransで十分!

この記事ではタスクバーにキーボードのアイコンを表示する方法について解説しています。

こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年2月の最新バージョン(ビルド:22000. 469)での動作となります。
[/aside]

【手順①】個人用設定を開く3つの方法

  • スタート画面から個人用設定を開く方法
  • スタートメニューから個人用設定を開く方法
  • ショートカットキー操作で個人用設定を開く方法

デスクトップ画面のタスクバーに配置された「スタート」アイコンをクリックします。

スタート画面

「スタート画面」が開いたら、ピン留めされた「設定」アイコンをクリックしましょう。

デスクトップ画面のタスクバーに配置された「スタート」アイコンを右クリックします。

スタートメニュー

「スタートメニュー」が開いたら、「設定」項目をクリックする。

デスクトップ画面上でショートカットキー「Windows キー + I」操作を行い、「設定」画面を開きます。

設定画面

「設定」画面が開いたら、左ペインに配置された「個人用設定」項目をクリックしましょう。

【手順②】タスクバーの設定でキーボードをオンにする方法

【手順①】で開いた「個人用設定」画面を下部にスクロールし「タスクバー」タブの右端にある矢印をクリックします。

個人用設定

「タスクバー」画面が開いたら、下部にスクロールし「タッチ キーボード」タブを選択し、右端に配置されたスイッチをオンにする。

タスクバー画面

【手順③】タスクバーにキーボードアイコンを表示させる方法

【手順②】のタスクバー画面にある「タッチ キーボード」のスイッチがオンになると、デスクトップ画面のタスクバー上にキーボード アイコンが表示されます。

キーボード表示

右側のタスクバーにキーボード アイコンが表示されているのが確認できれば完了です。

  ちなみに、デスクトップ画面のタスクバー上でマウスを右クリックすると以下の画像のように「タスクバーの設定」が現れます。

タスクバーの設定

この「タスクバーの設定」をクリックして「タスクバーの設定」画面を開くことも可能です!

まとめ

以上、Windows11でタスクバーにキーボードのアイコンを表示する方法でした。

当ブログでは、Windows11関係の操作方法などを詳しくまとめています。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事