PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

Windows11でも、コントロールパネルの設定機能を使うことはまだまだ数多くあります。

頻繁にコントロールパネルを使う場合は、いっそタスクバーに配置してしまうのが便利です。

 

この記事ではタスクバーにコントロールパネルを常に表示する方法について解説しています。

  こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年3月の最新バージョン(ビルド:22000. 493)での動作となります。

【手順①】コントロールパネルを開く方法

まずはWindowsデスクトップでスタートボタンをクリックして、「スタート画面」を表示します。

スタート画面

「スタート画面」の右上に配置された「すべてのアプリ」ボタンをクリックしましょう。

すべてのアプリ画面

「すべてのアプリ画面」が開いたら、下部にスクロールし「Windowsツール」アイコンをクリックします。

【手順③】タスクバーに常に表示する方法

「Windowsツール画面」が表示されたら、表示方法アイコンの横にある矢印をクリックし、中もしくは大アイコンを選択しましょう。

windowsツール

「Windowsツール画面」の中央部に配置された「コントロールパネル」アイコンを右クリックします。

コントロールパネル

「コントロールパネル」のメニューが表示され、中央部に配置された「タスクバーにピン留めする」の項目を選択しましょう。

タスクバー

デスクトップ画面上のタスクバーに「コントロールパネル」のアイコンがピン留めされ、常に表示された状態になれば完了です。

まとめ

以上、Windows11でタスクバーにコントロールパネルを常に表示する方法でした。

当ブログでは、Windows11関係の操作方法などを詳しくまとめています。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事