EaseUSクラウドサービスが大公開

ちょっと放置しているとすぐに画面がオフになってしまうので、画面オフになる時間を設定する方法を教えて下さい!

…という方に向けて、この記事を書いています。

 

Windows11では設定画面のレイアウトが変更になり、画面の電源をオフにする時間・自動的にスリープ状態に入る時間の設定画面が移動しています。

この記事では、その設定方法をまとめましたので、ご参考までにどうぞ。

 

  こちらの画面は、Windows11 Homeの2021年10月の最新バージョンでの動作となります。

【手順】画面オフ・スリープ時間の設定を変更する方法

では、早速その手順を見ていきましょう。

まずは、設定ウィンドウから「システム」→「電源&バッテリー」へと進みます。

 

  Windows11の設定ボタンも、Windows10以前のスタートメニューの位置から少し移動していて、わかりづらくなっています。

以下の記事に、設定ウィンドウの開き方をまとめていますので、あわせてご覧ください!

【Windows11】「設定ボタン」はどこ? デスクトップから設定ウィンドウを開く方法まとめ | Tipstour

 

電源&バッテリーの画面で、「画面とスリープ」を開きます。

 

この画面で、画面オフとスリープ時間を変更できます。

 

バッテリーで動いている場合と、電源接続時の2パターンで、それぞれ画面オフ・スリープ時間を選択できるようになっています。

それぞれのプルダウンメニューを開いて、好みの時間を選択しましょう。

 

設定可能な時間は以下の通りです。

  • 1分
  • 2分
  • 3分
  • 5分
  • 10分
  • 15分
  • 20分
  • 25分
  • 30分
  • 45分
  • 1時間
  • 2時間
  • 3時間
  • 4時間
  • 5時間
  • なし (オフにしない・スリープさせない)

まとめ

以上、画面が勝手に消えてしまう時間・スリープ時間を変更する方法まとめでした。

 

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事

 

以上、ご参考までに!

それでは!