EaseUSクラウドサービスが大公開

Windows11のタスクバーに、よく使うソフトのアイコンを常に表示したいんです!

…という方のために、この記事に手順をまとめました。

 

ということで、こんにちは!

Windows11になって、少しばかりタスクバーの表示が変わっております。

今回は、このタスクバー上に、よく使うアイコンを登録する方法をまとめました。

早速見ていきましょう!

【手順】タスクバーによく使うアプリ・アイコンを登録する方法

まずは、登録したいアプリ・ソフトを起動します。

ここでは試しに、Google Chromeを、タスクバーに登録してみようと思います。

もちろん、登録するアプリは何でもOKです。

 

アプリを起動したら、タスクバー上に起動しているアプリが表示されるはずです。

まだタスクバーに未登録なので、起動時だけタスクバーに表示されるという動きですね。

ここを右クリックしましょう。

 

するとこのようなメニューが表示されるので、「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

 

これでタスクバーに登録されました!

アプリを閉じても、このように、常にアイコンがここに表示されていることがわかります。

 

まとめ

以上、タスクバーによく使うアプリ・アイコンを登録する方法でした。

この方法を使って、どんどんタスクバー上に、普段から利用するアプリを登録していくのが良いと思います。

 

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事

 

以上、ご参考までに!

それでは!