EaseUSクラウドサービスが大公開

Windows11でもコントロールパネルを頻繁に使いたいので、スタートメニューに登録する方法を教えて下さい!

…という方のために、この記事を書きました。

 

ということで、こんにちは!

Windows11のスタートメニューは少しレイアウトが変わっていまして、メニュー上部によく使うアイコンをピン留めの形で登録していく、というスタイルになっています。

この記事では、この部分にコントロールパネルを登録する方法を解説します。

早速いきましょう!

 

  こちらの画面は、Windows11 Homeの2021年10月の最新バージョンでの動作となります。

【手順】コントロールパネルをスタートメニューに登録する方法

まずは、どの画面からでも良いので、スタートメニューを開きます。

 

そして、そのままキーボードで以下の通り入力しましょう。

control

 

するとこのように、候補にコントロールパネルが表示されてきます。

ここで、このコントロールパネルの部分を右クリックしましょう。

 

右クリックメニューが表示されるので、「スタートにピン留めする」をクリックします!

 

コントロールパネルがスタートメニューに登録されました!

次からは、このピン留めしたアイコンから、コントロールパネルを開けばOKですね。

まとめ

以上、コントロールパネルをスタートメニューに登録する方法でした。

 

この「スタートで検索→スタートにピン留め」の方法を使えば、他の設定画面などもスタートメニューにどんどん登録していくことが可能です。

いらないアイコンはどんどん削除して、自分の使いやすいようにカスタマイズしていきましょう!

ピン留めされたアイコンの削除方法は、こちらの記事にまとめています。

 

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事

 

以上、ご参考までに!

それでは!