EaseUSクラウドサービスが大公開

常駐アプリがタスクバー上から隠れてしまうので、常に表示する方法を教えて下さい!

…という方のために、その手順をまとめました。

 

ということで、こんにちは!

この記事では、DropboxやOneDrive、アンチウイルスソフトなど、バックグラウンドで常に動いている常駐アプリを常にタスクバー上に表示する方法について、解説しています。

このように、「^」アイコンの中に隠れてしまう常駐アプリのアイコンを、常に表示する方法です。

早速見ていきましょう!

 

  こちらの画面は、Windows11 Homeの2021年10月の最新バージョンでの動作となります。

【手順】常駐アプリをタスクバーに常に表示する方法

まずは、その常駐アプリを起動した状態にしておきましょう。

DropboxならDropboxを、OneDriveならOneDriveをまずは起動しておきます。

 

そのうえで、タスクバーの何もないところを右クリックして、「タスクバーの設定」をクリックして設定画面を開きます。

 

設定画面が開きました。

ここで3番めの項目の「タスクバーコーナーのオーバーフロー」というメニューを開きます。

 

ここでタスクバー上の表示・非表示を選択可能です!

オンになっているものが、タスクバーに常に表示されるもの。

オフになっているものが、「^」アイコンの中に隠れてしまうもの、となります。

 

  ちなみにこの「タスクバーコーナーのオーバーフロー」という項目ですが、以前のWindowsでは「通知領域」と呼ばれていました。

Windows11以降では、オーバーフローと呼ぶように変更されたようです。

まとめ

以上、バックグラウンドで動く常駐アプリをタスクバーに常に表示する方法でした!

 

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【参考】Windowsサポートをアウトソーシングする方法
Windowsパソコンの設定、バックアップ、トラブル対応にOffice製品の操作方法…。果てはスマホやLINEの操作方法まで…。

色んな人から相談・丸投げされて、そのたびにトラブルシュート対応するのにウンザリしていませんか?

パソコンからスマホまで、あらゆるサポートを誰かに丸投げしてしまいたい!

そんな方には「G・O・G サポート」が最適です。

  • 電話サポート
  • リモート接続サポート
  • 訪問サポート

上記3つの方法で、パソコンのあらゆるトラブル対応を月額324円からサポートしてくれます。 (個人・法人サポートの両方に対応)