Excel ExtendFormulaBar 2018 07 01

数式や文章などを入力するときに使われる「数式バー」ですが、複数行にまたがって文章を入力したい場合など、この数式バーを大きく表示したいことが時々あります。

01 2018 07 01 12 41 47

 

今回は、この「数式バー」の表示を大きくする2つの方法についてまとめました!

ご参考までに、それではどうぞ。

方法1:数式バーをドラッグ・アンド・ドロップ

数式バーを大きくする方法は、実は簡単です。

まずは、マウスカーソルを数式バーの下の枠線あたりに持っていきます。

02A 2018 07 01 12 41 47

 

すると、マウスカーソルがこのように変化するはず。

この状態のまま、ドラッグ・アンド・ドロップで下にスクロールします。

02B 2018 07 01 13 03 26

 

ドラッグした分だけ、数式バーの入力欄が大きくなったはずです!

03 2018 07 01 13 03 38

方法2:数式バーを広げるショートカットキー

この操作は、ショートカットキーでも可能ですよ。

Ctrl + Shift + U

04 Cap 2018 07 01 12 42 40

 

これによって、さきほどと同様に数式バーの入力欄が大きくなるはずです。

03 2018 07 01 13 03 38

ただし、この方法だと数式バーの大きさまでは指定できません。

2行にしたい、3行にしたい、いやいや7行分ぐらいにしたい…という場合は、方法1の方法でドラッグ・アンド・ドロップで大きさを決めるようにしましょう。

 

ちなみに、一度方法1でサイズを決めておけば、以降は方法2でショートカットキーを押すことで、同じサイズまで拡大することができます。

 

以上、ご参考までに!

それでは!