PHP素人備忘録…Apacheのタイムゾーンを変更する


PHP

ここ半年、Wordpressを触り始めたところから波及して、
PHPのお勉強をこっそり始めました僕です。

とりあえずは基本からということで、自分のPC内でXAMPPを動かして、
PHPの基本から動かしてみてるところです。

ということで、その辺の備忘録やメモも参考がてらに
紹介をしていきたいなと思っておりますよ。

先ずは、PHPのシステムのタイムゾーンがデフォルトだと
ズレてましたたので、その変更方法について。

スポンサードリンク

 

タイムゾーンの変更

タイムゾーンを変更するには、phpフォルダ内の
php.iniファイルを編集します。

 

phpファイル内のdate.timezoneの部分を変更します。

とりあえず「date.timezone」で検索。

デフォルトだと、
date.timezone = Europe/Berlin

となっているので、ここを
date.timezone = Asia/Tokyo

に変更します。
2013-0601-142152

タイムゾーンは下記のサイトから探せます。
PHP: サポートされるタイムゾーンのリスト – Manual

2013-0601-141548

よくみたら一応、Asia/Pyongyangてのもあるんですねw

設定の反映

iniファイルを編集しただけだと、設定が反映されないので、
Apacheを再起動する必要があります。

XAMPPの場合、サービスとしてApache動作させることが出来るので
iniファイル編集後、Apacheサービスを再起動することで、
タイムゾーンが変更になりました。

2013-0601-142251

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly

 

Tags:,