【Excel Expert】指定したセルが特定の月かどうかを判断するIF文


excel10

今回はちょっとした例文。 IF文の例文です。 IF例文ですね。

…はい。 指定したセルの日付が特定の月だった場合にTrueを、別の月だった場合はFalseを返すIF文です。

スポンサードリンク

関連記事

特定の月かどうかを判断するIF文

早速ですが例文です。

=IF(MONTH([セル番号])=[月],”OK”,””)

MONTH関数を使う

ここではIF関数の中での論理式の中でMONTH関数を使っています。

指定したセルの月番号を単純に返す関数。 例えば指定したセルが1月だった場合は「1」を返すということです。

1月かどうかを判断したい場合はこの関数の結果が「1」かどうかを判断する論理式を記述してあげればいいというワケですね。

例文を使うとこうなる

そういうわけで実際に入力すると、下記のような形です。

=IF(MONTH($B3)=7,”OK”,””)

実際に表にしてみるとこんな感じ。 
2015-0508-213507

それぞれの列に7, 8, 9…とそれぞれの月の数値で論理式を組んでます。 (B列の絶対参照は日付の列がB列のため、固定している、というもの。)

1日から31日(場合によって30日や28日)までが範囲。

特定の月ではない場合にTrueを返すIF文

逆に、特定の月ではない場合にはTrueを返す場合はこちら。

=IF(MONTH($B3)<>7,”NG”,””)

C列にこの数式を入力してみるとこんな感じ。 7月以外はすべてTrue(NG)が表示されてます。
2015-0508-212937

まあこの辺は、Excelの比較演算子を変更しているだけですね。 日付単位で期間を指定したい場合は、この例文は使えません。 別のIF文を組むしかなさそうですね。

Excelのお役に立ちそうな関連記事


Excelで「20150325」という数字の羅列を日付フォーマットに直す方法 | Tipstour


Excelで土・日曜日の日付セルを自動的に色塗りする設定方法 | Tipstour


Excelで「今日の日付」と「現在の時刻」を入力するショートカットキー | Tipstour


Excelで日付(〆切)が迫っているセルに、自動的に色を付けて目立たせる方法 | Tipstour

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly

 

Tags: