【iPhone】肥大化したFacebookアプリの容量を削減する方法


ながらくiPhoneを使っていると、インストールしていたアプリ内にキャッシュなどのファイルが貯まって、使用容量がどんどん肥大化してくることがあるようです。

もちろん、何かデータを保存しているようなアプリなら仕方ないのだけど、SNSのアプリの場合、いつまでも過去の書き込みや写真などを保存しておく必要は、そもそもないはずなんですよね。

 

しかしそれでもFacebookアプリなど、キャッシュを長く持ち続けるタイプのアプリもあるようです。

今回は、そうしたアプリの容量を削減するための簡単な方法について、まとめてみました。 ご参考までにどうぞ!

スポンサードリンク

関連記事

アプリが使用している容量を確認する方法

まずは、実際にFacebookアプリがどれぐらいデータ容量を専有しているか? チェックしてみましょう。

まずは「設定」アプリから「一般」を開きます。

続いて「ストレージとiCloudの使用状況」へ。

次の画面では、「ストレージ」の方の「ストレージを管理」を選びましょう。

 

すると、こんな感じでアプリごとの使用容量が一覧表示されます。

これによると…Facebookアプリの使用容量は754MBとのこと。

…結構容量食ってますね。 他にも容量を食っているアプリもあるので、そっちも整理しないと…という感じですが。

一旦アンインストールで容量削減!

さて、アプリ内部で持っているキャッシュの削除ですが、Facebookの場合はアプリを削除(アンインストール)することでのみ、削除が可能です。

一旦アプリをアンインストールして、そのあと再インストールすることで、不要なキャッシュファイルが削除されてデータ容量が空くという仕組みなのですね。

 

ということで、さきほどのアプリ一覧画面で、Facebookアプリをタップしてみます。

すると、このような画面になるので、ここで「Appを削除」を選択することで、アプリのアンインストールが可能です。

再度インストールでOK

当然、アンインストール後はアプリが無くなってしまうので、改めてストアからインストールする必要があります。

再インストール後は、自分のアカウントでログインし直すだけで、今まで通り普通に使えますよ。

 

ストレージ管理画面を改めてチェックしてみると、Facebookアプリの容量がだいぶ小さくなってるのがわかります。

スポンサードリンク

 

以上が、Facebookアプリの容量削減の方法でした。

容量のほとんどがキャッシュなので、使い続ける度にまたサイズが大きくなってくるはずです。

現時点では、必要に応じてアンインストール→再インストールを繰り返すしかないみたいですねー。

 

ちょっと面倒臭いけど、たまにはキャッシュ削除、やってみましょう。

それでは!

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly