【Excel】空白データのセル数をカウントする方法


データの集計をしていると、データが入力されているセルだけでなく、空白だったり未入力だったりといった、空白データのセル数を数えたい…というような場合が時々ありますよね。

数値や文字列などの通常のデータをカウントしたい場合は、COUNT関数やCOUNTA関数を使います。

では、空白データの数をカウントしたい場合はどうしたら良いのでしょう?

 

…ということで、今回は空白データのセル数をカウントする方法をまとめてみます!

ご参考くださいませ。

スポンサードリンク

関連記事

入力されていないセルの数をカウントするには

目視で入力忘れをチェックするのは大変なうえに、データに変更があった場合、そのつど空白セルの数は変わってしまうため、ほとんど無意味です。

入力忘れで空白のままのセルを、簡単にチェックできる「COUNTBLANK関数」を使いましょう。

空白セルをカウントする関数COUNTBLANKとは

そのCOUNTBLANK関数の関数式はこちら。

=COUNTBLANK(範囲)

セル範囲を指定すると、データが入力されていない空白セルをカウントしてくれるという関数です。

使ってみる:未入力セルをカウントして入力忘れチェック

実際に使ってみましょう。

下記は、日付ごとに販売数を入力している表です。

カウント範囲をD3:J9と指定してみたことろ、空白セル数がカウントされて、セルに表示されます。

=COUNTBLANK(D3:J9)

アンケートの未回答者数の集計や、売上が発生しなかった日の集計…といったことに使えそうですね。

応用! 空白セルをカウントし、それを除いた平均値を求める

平均値を求める際に、空白データを含めると都合が悪い場合があります。

例えばテストの平均点数を求める場合など。

通常のAVERAGE関数の場合、空白データ、つまり数値がゼロもデータのひとつとして平均を計算してしまうので、正しい平均値がでてこなくなる場合があるのですね。

 

欠席者を除いた平均点数を導き出したい場合にも、COUNTBLANK関数が使えます。

欠席者をカウントするのに、COUNTBLANKを使用して、総生徒数からマイナスし、出席者数を算出します。

 

具体的には、こんな感じで総得点数を実際の出席者数で割れば、出席者のみの平均点が算出できます。

=SUM(総得点数)/(実際の出席者数)

 

COUNTA関数を使う方法もアリ

COUNTBLANK関数は欠席者の数を数えることに使っていますが、出席者の数をカウントしたいという場合は、COUNTA関数を使用する方法もありますね。

COUNTAはデータが入力されているセルをカウントする、COUNTBLANKと真逆の関数です。

  • COUNTA:   文字列を含めた、データ入力済みのセル数をカウント
  • COUNTBLANK: データが空白のセル数をカウント

目的によって、使いわけてみても良いと思います。

スポンサードリンク

 

COUNTBLANKの利用方法

応用として空白セルを除いた平均値の求め方もご紹介しましたが、主な利用方法は空白データの有無チェックや、ゼロ(未入力)のカウントになると思います。

膨大なデータの入力漏れチェックや防止、入力漏れ率の算出、売り上げがない日、欠席者のカウントなどに利用してみてくださいな。

それでは!

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly