セキュリティ対策として、特定の国からの参加やアクセスをブロックしたいんですが…

…という方のために、ブロック手順をまとめました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

セキュリティ対策がしっかりと求められる昨今、もちろんWeb会議でもセキュリティ対策は重要です。

Zoomでは、セキュリティ対策の1つとして、特定の国からのWeb会議への参加をブロックするという機能があります。

この記事では、その設定手順をまとめました。

【手順①】プロフィール画面へログインする

さて、この設定ですが、Zoomアプリ上ではなく、ZoomのWeb画面上にログインして行う設定となっています。

 

ということで、その手順についてご説明しますね。

まずはZoom画面を開いて、設定ウィンドウを開きます。

 

「プロフィール」→「高度な機能を表示」をクリック。

 

するとWebブラウザが開いて、Zoom公式ページのサインイン画面が表示されます。

ここで、利用しているアカウントでログインしましょう。

 

【手順②】ブロック設定を変更する

ログインできたら、このような設定画面が開くと思います。

かなり多くの設定項目があって困惑しそうですが、「ミーティング」の設定画面を、とりあえず下にスクロールしていきます。

 

「特定の国/地域からのユーザーのエントリを承認またはブロックする」という項目があります。

ここのチェックを入れましょう。

 

すると、こんな感じのポップアップが出てきます。

ここに、特定国のユーザの許可やブロック設定を入れていくという流れですね。

 

ということでここではブロックすることが目的なので「選択された地域/国からのユーザーをブロックする」にチェックを入れて、実際の国名をその下に入力していきましょう。

ここでは国名は英語表記ではなく、日本語表記で入れていきます。

あくまでサンプルとして…サイバーセキュリティ対策で重要となる「中国」を、ここには入力しました。

 

入力が完了したら「保存」をクリック。

 

これでブロック設定が完了しました!

設定画面上にも「以下からのユーザーをブロックする」という項目に、国名が追加されていることがわかりますね。

まとめ

以上、特定の国からのWeb会議への参加・アクセスをブロックする方法でした。

 

このように、当ブログ・TipstourではZoomの操作方法を数多く解説しています。

Zoomについての操作方法は、こちらのリンクからどうぞ!

Zoomの使い方・記事一覧はこちら

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

 

【オススメ】Zoom Web会議に最適なWiFiサービス

Zoomを使うなら、通信量・無制限のWiFiルータを使いましょう。

Zoomでは、ビデオ通話1時間あたり、700MB近くものデータ通信量を使います。

光通信などを自宅やオフィスに引き込むという選択肢もありますが、設置と工事にかかる手間を考えると、その手間を省けるWiFiルータの方がオススメです。

特に現在、テレワーク需要が急激に増えた関係で、工事完了までかなり時間がかかるため、WiFiルータを受け取って即利用可能となるWiFiレンタルサービスがベストです。

 

TipstourのオススメWiFiサービスは以下の通りです!

オススメWiFi料金特徴


SAKURA WiFi
月額
3680円〜
・ネット使い放題
・解約金無料
・速度制限なし
→ストレスなく利用したい場合にオススメ

ポケット
モバイル
月額
3250円〜
・月間100GBまで速度制限なしで利用可能
・ソフトバンク・Docomo・au3社の
 ネットワークに対応(クラウドSIM)
・1日の通信量制限なし
→キャリア関係なく快適に利用したい場合にオススメ


Wifiレンタル
どっとこむ
1日
193円〜


月額
6000円〜
・1日単位でレンタルが可能
・即日配送可能
→短期間で即使いたい場合にオススメ