スマホ版YouTubeに検索の履歴を残さない設定にしたいです!

…という方のために、この記事を書きました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

YouTubeアプリには、どのようなキーワードで検索したか、その検索履歴が残るようになっています。

 

これは、何も設定しないと検索履歴がアプリに残り、そしてまた、検索履歴などの情報がYouTube(Google)に送られるようになっています。

YouTubeは、そうした動画の再生履歴や検索履歴などの情報をもとに、おすすめ動画を表示してくれるというわけですね。

この記事では、検索キーワードの履歴をアプリに残さない・YouTubeに送信しない設定にする方法をまとめました。

さっそく見ていきましょう。

【手順】YouTubeアプリで検索履歴を残さないようにする方法

さて、その方法をご説明していきますね。

まずはYouTubeのトップ画面の画面下メニューから「ライブラリ」をタップします。

 

続いて「履歴」へ進みます。

 

この画面では、動画の視聴履歴一覧が表示されます。

ここではそのまま、「…」マークをタップします。

 

画面下に「履歴の管理」というメニューが出てくるので、ここを押しましょう!

 

次の画面でようやく、検索履歴の設定画面が表示されます。

ここに「検索履歴を一時停止」という項目があるので、ボタンをチェックしましょう。

 

「検索履歴を一時停止しますか?」

という確認画面が出てきます。

さきほどお話したように、検索履歴によるおすすめ動画などが行われなくなりますよ、という注意書きですね。

特に問題なければ「一時停止」をタップしましょう。

 

「検索履歴を一時停止」のチェックボタンが青色になったら「一時停止オン」の状態です。

この状態で検索してみたら、検索キーワードがアプリに残らないようになっているはずですよ!

 

もとに戻したい場合は同様に、「検索履歴を一時停止」のチェックボタンをもう一度タップして、「一時停止オフ」(灰色)に戻せばOKです!

 

以上、ご参考までに。

それでは!