Windows10辺りからデスクトップの構成が多少変わってことで、従来のWindowsで簡単に表示できていたツールを起動するのが多少面倒になりました。

コンピュータに接続されている・内蔵されているデバイス類を一覧で管理するためのデバイスマネージャーも、Windows10になってから、起動方法が少々わかりづらくなりました。

 

ということで、今回はデバイスマネージャーを表示する方法についてです。

ご参考までにどうぞ!

まずはデスクトップに「PC」を表示しよう

さて、デバイスマネージャーですが、従来のWindowsでも「コンピュータの管理」画面から起動します。

この「コンピュータの管理」はマイコンピュータから起動できたのだけど…。

Windows10はその、マイコンピュータが無い! のです。

 

なので、まずはマイコンピュータに相当する「PC」というアイコンを、デスクトップに持ってくる必要があります。

その方法についてはこちらの記事でご説明しているので、ご参照くださいませ。

Windows10でデスクトップ上にマイコンピュータを表示する2つの方法 | Tipstour

PCからデバイスマネージャーを起動

さて、デスクトップ上にPCアイコンが表示できたら、後は簡単です。

PCを右クリックして「管理」をクリック。

 

これで見覚えのある、「コンピュータの管理」画面が開きました。

あとは左側のメニューから「デバイスマネージャー」を選ぶだけ!

 

はい! これでデバイスマネージャーを開くことができました。

まとめ

  • マイコンピュータに相当する「PC」をデスクトップ上に表示する
  • 「PC」→「コンピュータの管理」→「デバイスマネージャー」の順に起動する

 

このように、PCをデスクトップ上に表示しておく方が何かと便利なので、一度設定しておいた方が良いと思います。

従来のWindowsでもおなじみだったコントロールパネルについても、一緒にデスクトップ上にショートカットを作っておくと便利ですよ!

その方法についても、別記事でまとめておりますのでどうぞ。

【Windows10】コントロールパネルを復活させる | Tipstour

 

それでは!