2013-0527-121127

ファイルサーバなどの共有フォルダを使って複数人でお仕事をする場合、
「どこどこにファイルがありますよ」ということで
ファイルのパス(置き場)を伝える場合があります。

その際に、ファイルのパスまでを手動でコピーしようとすると
Explorerからフォルダパスをコピペして、
その後ファイル名をコピペして…という手順になるのですが
二手間あるのでちょっとめんどくさいなぁ…

と思ったら、Windows7のExplorerでは

ファイルパスをコピーする方法

操作方法としては、Explorerで下記を実行します。

Shiftキーを押しながらファイルを右クリック
→「パスとしてコピー(A)」を選択。

2013-0527-113011

通常の右クリックメニューには表示されていませんので
Shiftキーを押した状態で右クリックのメニューを開く必要があります。

実行すると、
"C:\temp\test\readme.txt"

こんな感じでファイルのパスがクリップボードにコピー出来ます。
共有サーバ上でも特に問題なくコピー可能です。

 

コピー出来ます、出来ますが、
何故かパス前後に余計なダブルクォーテーションが入ってしまうので、
実際にパスとして入力する際はこのパス前後の記号を削除してあげる必要があります。

 

…なんでこんな余計な記号入れるんでしょうね、
Microsoft Windowsらしい「いらん気遣い」を感じざるを得ないのですがw

 

【参考】Windowsサポートをアウトソーシングする方法
Windowsパソコンの設定、バックアップ、トラブル対応にOffice製品の操作方法…。果てはスマホやLINEの操作方法まで…。

色んな人から相談・丸投げされて、そのたびにトラブルシュート対応するのにウンザリしていませんか?

パソコンからスマホまで、あらゆるサポートを誰かに丸投げしてしまいたい!

そんな方には「G・O・G サポート」が最適です。

  • 電話サポート
  • リモート接続サポート
  • 訪問サポート

上記3つの方法で、パソコンのあらゆるトラブル対応を月額324円からサポートしてくれます。 (個人・法人サポートの両方に対応)