パケット容量を節約するためにフリーWiFiを使いたいのだけど、効率よく地図上で探す方法はないだろうか…

という方は、このアプリが最適です。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

格安SIMを使っている方や、パケット容量を気にしながら使っている方は、外出中は可能であればフリーWiFiを使いたいものですよね。

一昔前と比べると、外国人観光客の方が増えていた関係で、フリーWiFiもかなり増えました。

とはいえ、移動しながらそうしたフリーWiFiを探すのは結構大変なものです。

今回紹介するのは、フリーWiFiを地図上に表示して、簡単に探すことができる無料アプリ「タウンWiFi」です。

【アプリ】タウンWiFi

「タウンWiFi」は、GMOグループが提供するWiFi検索無料アプリです。

アプリの無料ダウンロードはこちら(iPhone・Android)

 

主な機能はこちらの通り。

  • 地図上のアイコンでフリーWiFiを確認できる
  • 近場のフリーWiFiに自動接続設定が可能
  • フリーWiFiを使って、どれだけ通信量を節約できたか確認できる
  • WiFiがない施設・店舗にWiFi設置をリクエストできる
  • 遅いWiFi・使えないには自動接続しないことも可能

 

いくつか機能はありますが、やはりメインはフリーWiFiを地図上で探せるというのが一番のメリットです。

アプリ上で設定しておけば、次からはそのフリーWiFiには自動接続できますので、定期的に通るエリアであればストレスなくフリーWiFiに接続可能です。

 

また、通信速度が遅いWiFiや、つないだは良いものの全然通信できないような使い物にならないWiFiには接続しないようにすることもできます。

いや実際、フリーWiFiを使ううえで、こうした役に立たないWiFiはけっこう邪魔なんですよね。

こうしたWiFiには接続しないようにできるので、フリーWiFiを使っていく上では非常に便利です。

 

  2020年10月時点で800万ダウンロードを達成しており、かなり幅広く利用されています。

最近のアプリでは珍しい、アプリ内での課金もない、無料アプリです。

【手順①】アプリの初期設定画面はこんな感じ

実際にタウンWiFiアプリを起動してみて、フリーWiFiの自動接続設定を行ってみましょう。

起動画面はこんな感じ。

ひとまずそのままどんどん「次へ」をタップしてきます。

 

位置情報の許可をどうするか、というスマホのポップアップが出てくるので、iPhoneの場合はひとまず「Appの使用中は許可」にします。

 

iPhoneの場合、そのあと少ししてから、アプリがバックグラウンド状態でも位置情報を取得するかどうかを選択するポップアップが出てくるので、「常に許可に変更」を選びましょう。

もし、あくまで必要な時に地図を表示してフリーWiFiを探したいだけ…という場合は「使用中のみ許可」にしておきましょう。

 

フリーWiFiの場合、事前に性別や生年月日などの個人情報を入力することが多いのですが、それらを先に登録することも可能です。

 

これでタウンWiFiの事前設定が完了しました!

【手順②】地図上でフリーWiFiを探してみよう

ということで、そのフリーWiFiマップがこちら。

試しに、東京駅の周辺のフリーWiFiを表示してみました。

東京駅・八重洲口だけで、100個以上のフリーWiFiがあるようですね。 すごい。

 

更にマップを拡大してみると、このようにフリーWiFiが1つずつ表示されます。


 

これらのWiFiをタップしてみると詳細やSSID(WiFiの表示名)が確認できます。

 

それぞれのWiFiには「速度」の項目もあり、ここで平均的な通信速度もチェックできます。

ここが遅いWiFi、つまり★が少ないWiFiは、接続して思うように通信できない可能性があるので、スルーするのが得策です。

【分析】フリーWiFiでデータ通信量をどれだけ節約できたのかも確認できる!

また、これまでにフリーWiFiを使ってどれぐらい通信量が節約できたのか!?

という通信パケット量も、アプリから確認できます。

地図上のここにも、現在の節約量が表示されてますね。

 

アプリ下部メニューの「分析」をタップすると、このように節約した通信量がチェックできます。

この項目は、実際にこのタウンWiFiアプリを使って接続したWiFiで節約できた通信量が表示されます。

 

また今月、スマホの通信量のうち全体の何%をWiFiで通信したか、などの分析もチェック可能です。

実際にどれぐらい、キャリアの通信データ容量を使わずにスマホを使えているのかが、これで一目瞭然ですね!

まとめ

以上、フリーWiFiを地図上で簡単に検索&自動接続できる無料アプリタウンWiFiでした。

 

外出中にももちろん役立ちますし、出かける前に「出先の周辺にフリーWiFiはあるのかな」と事前に調べるということにも活用できそうですね!

全機能を無料で使えるので、とりあえずダウンロードしておいて使いたいときだけ活用するのでもいいと思います。

アプリの無料ダウンロードはこちら(iPhone・Android)

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【参考】海外旅行に行くならエポスカードを「作っておくだけ」でお得

海外旅行の保険といえばクレジットカードの付帯保険が便利ですが、その中でも実は一番便利なのが「エポスカード」です。

メリットは以下の3つ。

  1. メリット①:海外旅行保険が持っているだけで自動付帯される
  2. メリット②:携行品損害も自動付帯される (20万円〜)
  3. メリット③:年会費無料

 

つまり、作っておくだけで無料で20万円までの携行品損害(持ち物の紛失や破損に対する補償)がもらえるわけです。

「旅行中にエポスカードを使わないといけない」という制限もなく、海外旅行に行く人の隠れ必須クレカです。 詳しくはこちらをどうぞ!