自宅でテレワークをすることになったけど、長時間座りっぱなしだから腰痛が心配!
腰痛を予防できる椅子ってどんなものがあるの?

そんなお悩みを抱えていませんか?

 

自宅で仕事ができるのは嬉しいことですが、ずっと同じ姿勢で仕事をすることになるので腰痛になりやすいですよね?
腰痛持ちの方は特に不安なことと思います。

かくいう私も過去に何度かぎっくり腰をわずらった経験があるので、腰痛の辛さは本当によくわかります。

 

そこで今回は腰痛にならずに仕事に集中できるよう、腰痛を予防できる椅子の選び方についてご紹介したいと思います!!

一緒に腰痛を防ぐためのちょっとした工夫などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ長時間座りっぱなしだと腰痛になるのか?

身体にとっては、立っている時よりも座っている時のほうが腰に負担がかかっています。立っている時は、足と腰で身体を支えることができますが、座っている時はダイレクトに腰へ負担がかかってしまうからなんです。

スウェーデンの整形外科医師ナッケムソン氏の有名な論文『姿勢の変化による椎間板内圧の変化』によると、立っている時の負荷を100%とすると、座って前傾の姿勢は185%、立って前傾で荷物を持つのが220%となっており、私たちが想像している以上に腰に負荷がかかっているということがわかります。

 

 

長時間座りっぱなしで仕事をする姿勢はまさに「座って前傾の姿勢」ですから、この姿勢を続けると腰痛の原因になってしまうんですね。

『腰痛になってもただ痛いだけだから、別にどうってことないんじゃない?』と思う人もいるかもしれません。ですが、腰痛になると自分の想像以上に色々なことに支障がでてしまうんです。

私が以前腰痛になってしまった時、まず痛くて家事や仕事が思うようにできなくなりました。動くと痛いので横になってただひたすら寝ているしかないんですよね。

そして、痛みや仕事ができないせいでイライラして気分が落ち込み、うつっぽくなってきたんです。
それに腰痛が良くなるまで病院に通わなければならず、出費も重なって『痛い、イライラ、うつっぽい、お金が無くなる』という本当に地獄のような苦しみを味わいました。

私の腰痛はひどかったので、そこまでいくケースはまれかもしれません。でもそんなことで苦しまない為にも、アナタには最大限腰痛を予防して仕事に集中して頂きたいと思っています!

では、さっそく腰痛にならない為の椅子の選び方を具体的にご紹介していきますね。

腰痛にならない為の椅子の選び方

椅子を選ぶ際の大事なポイントは大きくわけて3つあります。

  • 机の高さに合った椅子を探す
  • 姿勢を変えられる椅子を探す
  • 長時間座ることを前提に作られた椅子を探す

この3つに気をつけるだけで、アナタに合った腰痛になりにくい椅子を見つけることができますよ!

机の高さに合った椅子を探す

高さ調節できる椅子がほとんどですが、床に座って仕事をする場合は特に専用の椅子を選ぶことをオススメします。

 

 

回転式あぐら座椅子:約5,000円

こちらはコンパクトな回転式の椅子です。360°回転するので物を取る時に楽ですし、コンパクトなので場所をとらない分お部屋もスッキリして助かりますね。

椅子を使わずに作業をすると膝や腰に負担がかかりますから、ぜひこういった専用の椅子を使うことをオススメします!

姿勢を変えられる椅子を探す

長時間座って仕事をする時は、椅子の上で姿勢を変えらることも腰痛予防になります。
私は疲れたら、椅子の上であぐらをかくなど姿勢を変えて作業することにしています。長時間同じ姿勢になることを防ぐことができ、より仕事に集中して取り組むことができますよ。

 

 

オフィスチェア170°リクライニング:約15,000円

長時間同じ姿勢で作業していると、足を伸ばしたくなったり胡坐をかきたくなったりしますよね?そんなわがままをかなえてくれるのがこの椅子!

足を伸ばす、胡坐をかく、リクライニングさせて横になるといった動作が全てできちゃうんです!クッション性も良くて座り心地も良いと評判なので、椅子の上で色んな姿勢をしたい方にはとってもオススメですよ!

長時間座ることを前提に作られた椅子を探す

もともと長時間座ることを前提に作られた椅子を買うこともオススメです。ゲーマーの為に作られたのがゲーミングチェアですが、疲れにくいので仕事用としてもとってもオススメなんです!

 

ゲーミングチェア:約13,000円

長時間座っていても疲れにくい上、背もたれを倒して横になったり、足を伸ばしたりと色々な姿勢をとることができるいたれりつくせりの椅子です!

仕事がはかどる上にリラックスまでできる優れもの。これさえあれば快適な仕事ができること間違いなしです!

快適すぎて仕事のしすぎにはくれぐれもご注意を!!

椅子を買いたくない人はクッションを工夫しよう

椅子を買いたいけど部屋が狭いので自宅にある椅子を使いたい!新たにお金を出して買いたくない!

という人はクッションを使って腰痛を予防するといいですよ!クッションがあるだけでも、だいぶ身体の負担が変わります!

 

 

 ikstar 最新改良版 椅子用クッション:約4,000円

椅子の座る部分に置いて使えるクッションです。このクッションを置いて椅子に座ることで骨盤が安定し、体圧を分散してくれるので長時間座る人にはオススメですよ!

カバーをはずして洗濯することもできるので、衛生的に保つことができます。

色々な場所に持っていけるので、仕事以外でも利用することができて重宝すること間違いなしですね!

一番大事なのは体のメンテナンス

疲れにくい椅子やクッションのご紹介をさせて頂きましたが、それらのアイテムを利用する以前に私が腰痛予防として心がけていることを3つご紹介したいと思います。

  • 必ず毎朝40分ほど散歩
  • 休憩時間は必ずストレッチ
  • 定期的に整体へ行って身体をほぐす

わたしはこの3つを習慣化してから、とても体調が良くなりましたし腰痛も防ぐことができています。1日中椅子に座ってパソコンで仕事をしているので、これくらいのことをしないと良いコンディションが保てないんですよね。

毎日というのはなかなか大変ですが、散歩していると体調がだいぶ違うんです。
歩くことで頭がスッキリしますし、身体の調子も整います。続けるコツとしては、運動するという意識を持たないことですね。私は散歩する時に運動効果を期待して無理矢理早歩きしたりしませんし、ダイエット効果なども期待していません。

気分転換になればいいや!と思っているので、のんびりただ歩いて頭を空っぽにすることを心がけています。これくらいの軽い気持ちだと長続きしますよ!

 

また仕事の合間の休憩時には、必ずストレッチをしています。
ストレッチといっても1分くらいでちゃちゃっとできることをやるだけなので楽チンです(笑)腰をのばしたり、回したりする程度のものですが、やるのとやらないのではだいぶ体調が違いますよ!

 

そしてこれはぎっくり腰を何回もやった私ならではのメンテナンスですが、3カ月に1度整体へ行って身体をほぐしてもらっています。かれこれ1年以上続けていますね。

定期的に通うと身体の不調を整えてもらえますし、自分でも気づかないうちに身体が凝り固まっていることがあるので必ず通うようにしています。

そのかいあってか、今のところ腰を痛めることなく仕事ができているので効果があると思っていますよ!

費用は1回3,000円ほどかかりますが、ぎっくり腰になって1週間仕事ができず、休んでマイナスになった給料と治療代を考えればこれくらい安い出費と思っています!!

まとめ

 

腰痛にならない為の椅子の選び方

  1. 作業机の高さに合った椅子を探す
  2. 姿勢を変えられる椅子を探す
  3. 長時間座ることを前提に作られた椅子を探す

 

腰痛予防のための椅子の選び方をご紹介しましたが、やはり一番大事なのは体のメンテナンスをこまめに行うことです!

健康で快適なテレワークを行う為にもぜひ試してみてくださいね!