この記事を読むと、PayPayの銀行口座の登録方法がすぐわかります。

 

ということでこんにちは! 20代怠け者(@20sInvest)です。

この記事では、PayPayをチャージして使いたい!

そのために、普段使いのみなさんの銀行口座をPayPayに登録する方法を徹底解説しています。

その方法は比較的カンタンです。

早速見ていきましょう!

 

  念のためお話しておくと、PayPayを利用するためには以下の2通りの方法が利用できます。

  • 残高支払い (銀行口座からの引き落としで残高チャージ可能)
  • クレジットカード支払い

今回は、この残高支払いを行うための銀行口座の登録方法について、解説しています!

【事前準備】銀行口座の登録に必要なもの

PayPayの残高チャージ用に銀行口座を登録するにあたって、以下のものが必要になります。

事前に用意・確認しておきましょう!

  • 銀行口座の支店名・支店番号
  • 銀行口座の口座番号
  • 銀行口座の登録している名義 (お名前)
  • 銀行口座に登録している生年月日
  • 銀行口座の暗証番号・もしくはネット取引用のアカウント情報
  • 氏名
  • 国籍
  • 職業の種類
  • 住所・郵便番号
  • PayPayの利用目的

【手順①】PayPayに銀行口座を登録する方法

それでは早速、銀行口座の登録方法です!

まずはPayPayのトップ画面を開きましょう。

そして「チャージ」をタップ。

 

はじめは、チャージ方法が未設定の状態です。

ここの「チャージ方法を追加してください」の部分をタップ!

 

「銀行口座を追加する」へ進みます。

 

チャージに使う銀行口座の金融機関名を指定します。

この画面上に、普段使っている銀行口座の名前があればそこをタップしましょう。

なければ、画面上から金融機関名を検索してみてください。

 

今回は、みずほ銀行の口座登録を例に進めていきますね。

まずは、支店名・もしくは支店番号を入力します。

 

続いて、自分の口座の口座番号を入力しましょう。

 

口座に登録している氏名をカタカナで入力します。

セイが「名字」で、メイが「名前」ですね。

間違えないように入力しましょう。

 

続いて生年月日の入力です。

 

内容確認の画面が表示されました。

内容をチェックして問題なければ「登録手続きをする」をタップ!

 

ここからの操作は、各金融機関で画面が違います。

大きく分けて2通りの登録方法がありますが、金融機関によって操作方法が異なるのでここでは割愛します。

画面上の指示、ログイン方法に従って登録を進めてみてください!

 

登録を進めていくと、このような画面で「PayPayに引き落としの設定を登録しますよ」という画面がでてくるはずです。 (金融機関によって画面は異なります!)

「口座振替を申し込む収納企業」が「PayPay株式会社」になっていることを確認して先に進みましょう!

 

登録が完了したらその後、「収納企業のサイトへ戻る」といったボタンが表示されるはずなので、ここを忘れずにタップして、PayPayの画面に戻りましょう。

 

これで口座登録が完了しました!

おつかれさまでした。

「銀行口座→PayPay」にチャージするだけならこれで完了ですが、「PayPay→銀行口座」に入金をするためには本人確認が必要です。

この際なので、続けて設定してしまいましょう。

【手順②】PayPayで本人確認をする方法

本人確認は、必要な情報を入力するだけなのでサクッと終わりますよ。

利用規約に同意しますか?という画面が出るので、同意するにチェックを入れて先へ進みます。

 

まずは氏名と国籍、職業の種類を入力します。

ここでの氏名は、漢字でOKです!

 

続いて、住所を入力していきます。

 

最後に、PayPayの利用目的の確認が出てきます。

皆さんの利用目的を選びましょう。

基本は「個人利用」を選択しておけばOKです!

 

本人確認が完了しました!

これで、「PayPay→銀行口座」の送金が可能になりました。

 

PayPayのチャージ画面に戻ると、先程登録した銀行口座が登録されていることがわかりますね!

 

以上、PayPayに銀行口座を登録する方法でした!

ご参考までに、それでは!