ストックフォトセミナー開催!

特定のシステムファイルを変更する場合など、隠しファイル扱いされているファイルやフォルダを操作したいということがあります。

MacでもWindows同様に、そうした「隠しファイル・隠しフォルダ」が存在しています。

もちろん、これら隠しファイルは通常は非表示になっていて、ユーザの目には触れないようになっているのです。

 

今回は、Macで隠しファイルを表示するためのショートカットキーをまとめました。

操作キーを覚えてしまえば、1秒で表示・非表示を切り替えられるようになりますよ。

【手順】隠しファイルを表示するショートカットキー

そのショートカットキーは以下の通り。

Shift + Command + . (ドットキー)

 

実際にやってみましょう。

こちらは、隠しファイルが非表示になっている状態のユーザフォルダです。

色々なフォルダが表示されていますが、このフォルダには隠しフォルダも実は潜んでいます。

 

この画面で、先ほどのショートカットキー「Shift + Command + .」を入力してみます。 すると…

このように、隠しファイルと隠しフォルダが表示されるようになりました。

沢山ありますね!

 

例えば、ユーザフォルダ配下の「ライブラリ」フォルダなどは、一旦隠しフォルダを表示する状態にしてからでないと、開くことが出来ません。

システムやプログラムの設定変更や追加などをする際に、こうした隠しフォルダを開くことがよくあるので、この操作は覚えておくと便利ですね!

 

ちなみに、上記フォルダのパスは、以下の通り。

/Users/[ユーザ名]/Library

 
以上、ご参考までに!

それでは!