EaseUSクラウドサービスが大公開


「LINEが重いんだけど解消法を今すぐ知りたい!」

という方は多いのではないでしょうか。

LINEが重いとすぐに連絡が取れませんしイライラしてしまいますよね。

そこで今回は、

LINEが重い時の解消法を6つ解説いたします。

この記事を読むことで、重かったLINEが軽くなりストレスなく扱えるようになりますよ。

3分程度で読めますので、ぜひ最後までご覧ください。

※本記事は、iOSを元に作成しています。Androidその他OSでは操作が異なりますので、予めご了承ください。

LINEが重い時の解消法を6つ解説

早速LINEが重い時の解消法6つを見ていきましょう。

①LINEアプリの再起動

まずは、LINEアプリを再起動させてみましょう。

単純ですが、これだけで治ることが多々あります。

やり方は以下の通りです。

①マルチタスク画面を表示

②スワイプしてLINEを終了

③再度LINEアプリを起動

以上でLINEの再起動が完了します。

②LINEのキャッシュ削除

キャッシュは再読み込みを短縮するための画像やデータのことです。

トークで画像やデータをいつでも読み込めるのは、このキャッシュの役割が大きいです。

ただ、放置しておけば容量が大きくなります。

キャッシュ削除をしても画像やデータは残るため、キャッシュ削除をして容量に空きを作りましょう

ホーム→設定→トーク→データ削除→キャッシュデータ→選択したデータを削除→データ削除をタップ

以上でキャッシュ削除ができます。

③通信のリフレッシュ

通信状態が不安定の場合、機内モードのオンオフを切り替えることで通信状態がリフレッシュされて、状況改善が見込める場合があります

①ホームボタンがあるiPhoneの場合なら下から上にスワイプ、ない場合は上から下にスワイプしコントロールセンターを開く

②機内モードボタンをタップしてオン

③再びオフ

以上で通信がリフレッシュされます。

④不要なトーク履歴を削除(整理)

LINEのトークは自分で削除しなければ溜まっていく一方です。

しかも容量が大きければ動作が遅くなる可能性があります。

特に大きな画像データをやりとりしているアカウントなどとのトーク履歴は、定期的に削除(整理)しましょう。

削除したいトークを左方向にスワイプ→削除→削除

以上でトークを削除できます。

⑤iPhoneのメモリ・容量不足を解消

上記で挙げた方法を試しても効果が薄い場合は、iPhone本体の容量不足が原因かもしれません。

その場合、使用していないアプリを終了したり、使わないアプリをアンインストールしたりしましょう。

ストレージは以下の方法で確認可能です。

設定→一般→iPhoneストレージ

⑥iPhoneの再起動

iPhone自体の再起動も有効です。

iPhoneを再起動するには、電源ボタンと音量ボタン(上か下)を同時長押し、パワーボタンをスライドし電源を切ります

電源を切った後に、電源ボタンを長押しすると、電源が入ります。

再度LINEアプリを開いて動作を確認してみましょう。

まとめ:LINEが重い時の解消法を知ってストレスフリーで楽しもう!

ここまで、LINEが重い時の解消法をお伝えしてきました。

LINEは便利で手軽な反面、使えなくなった時にストレスが大きいです。

だからこそ、使えなくなった時にどうするかを考えておかなければなりません。

今回お伝えした内容は今すぐ手軽に実践できることなので、ぜひ試してみていただければと思います。

LINEをストレスフリーで楽しみましょう!

関連キーワード