EaseUSクラウドサービスが大公開

  • 「リポスト」とは一体何ですか?
  • インスタでリポストするにはどうすればいいんだろう?

この記事では以上のようなお悩みを解決します。

「リポスト」と聞いても、ピンと来ない人が多いのではないでしょうか。

インスタグラムにおけるリポストとその方法を、画像付きで見ていきましょう。

インスタグラムにおける「リポスト」とは?

「リポスト」とは他の人の投稿を自分のアカウントでシェアすること」です。

ツイッターにおける「リツイート」のような機能だと考えると分かりやすいかもしれません。

また「リポスト」は「リグラム」とも言われています。

 

ツイッターではリツイートの機能がアプリ自体にあるので簡単にリツイートできますが、インスタグラムにはリポストの機能がアプリ自体にありません。

だからリポストをするには専用のアプリが必要になるのです。

 

リポストのやり方とツール

それでは次にリポストのやり方とツールを解説します。

リポストに使うツールは「Repost for Instagram」というアプリです。

 

 

・iOS版「Repost for Instagram」のダウンロードページ|App Store

・Android版「Repost for Instagram」のダウンロードページ|Google Play

 

リポスト用のアプリにはいくつか種類がありますが、こちらのアプリならAndroidにもiOSにも対応しているのでオススメです

 

それではRepost for Instagramでのリポストの方法を解説していきます。

まずはRepost for Instagramを起動させて、自分のインスタグラムのアカウントでログインしてください。

 

 

ログインしたら上の画像のような画面になるので、画面右上のアイコンをタップしましょう。

 

 

するとインスタグラムのアプリに切り替わります。

次にリポストしたい投稿を探し、その投稿の右上にある「・・・」マークをタップしてください。

タップするとコマンドが表示されるので、「リンクをコピー」をタップしましょう。

 

 

これで投稿のURLがコピーされた状態になりました。

ここでもう一度Repost for Instagramを開くと、URLをコピーした投稿が自動で読み込まれて表示されます。

 

 

上の画像の赤枠で囲まれた部分が読み込まれた投稿です。

それではRepost for Instagramに読み込まれたその投稿をタップして、編集画面に移りましょう。

 

 

リポストするときにはラベルが表示されるので、そのラベルの設定を済ませて「再投稿」をタップしてください。

上の画像のように、投稿の左下に白地のラベルがある状態が初期設定になっています。

このラベルで問題ないという人は、特に何の操作をすることなく「再投稿」をタップしましょう。

 

 

「再投稿」をタップした後、上の画像のように「ストーリーズ」と「フィード」のどちらにリポストするかを選ぶ画面に移動するので、自分の目的に合ったリポスト場所を選んでタップしてください。

これ以降の操作はいつものストーリー作成やフィード投稿作成と同じ流れになっているので、いつも通りに作成するだけでOKです。

これでリポストが完了しました。

 

リポストするときの注意点

リポストするといっても、好き勝手にしていいわけではありません。

以下のことに気をつけながらリポストしましょう。

  • リポスト元の明記
  • リポストであることの明記
  • リポストさせていただいたお礼
  • 著作権侵害にならないように気をつける

リポストであることを投稿の中で書き、リポスト元のユーザーにも感謝の気持ちを書いておきましょう。

リポスト元の明記に関してですが、コメント欄で「@+ユーザー名」を入力するとそのユーザーへのメンション(リンクのような機能を持ったもの)を貼ることができます。

これでリポスト元の明記はOKです。

またリポストする投稿は一切加工しないようにして、著作権侵害にならないようにしましょう。

 

まとめ

今回はリポストの意味、方法とツールを解説しました。

マナーに気をつけながら、自分が「いいな!」「素敵だな!」と思った投稿をシェアしてみんなに教えてあげましょう!